シックスナイン

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

シックスナインのやり方とテクニック

 

 

 

 

 シックスナインをした方の中には、こう感じる人も多いでしょう。

 

 

 理想と現実は違う

 

 

 僕も中学・高校の頃にエロブックを見て

 

 「こんなことがしたい」と憧れたものです。

 

 しかし、実際やってみるとキツイ体勢です。

 

 

 相手の性器を舐めるのにやっとでなかな快楽に集中できませんね。

 

 男性としても下から見上げる形で膣を舐めるのはつらいです。

 

 労力に見合わなくて段々と冷めてくる女性もいるようです。

 

 

 そんな艱難辛苦なシックスナインではありますが、

 

 最大のメリットは同時にお互いを愛撫できる

 

 また、オーラルセックスに徹する場合はかなり燃える体位でもあります。

 

 

 

シックスナインのやり方とテクニック

 

 男性が上になるべきか、女性が上になるべきか? 

 

 結論から言えば、カップルそれぞれです。

 

 女性の視点から見て、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。

 

 

 男性が上、女性が下

 

  • メリット  -女性は手足を伸ばせる状態にあるのでイキやすい
  • デメリット-どうしてもフェラチオがしずらくなる

 

 

 男性が下、女性が上

 

  • メリット -安定したフェラチオが可能
  • メリット -男性の鼻がクリトリスに当たるのが気持ちよいという女性も
  • デメリット-体勢を保つのに力が必要

 

 

 もうこれは、両方試してみて上手くイッた方を二人のスタイルにするしかないです。

 

 それと、横になってするシックスナインも試してみる価値はアリです。

 

 圧倒的に身体への負担が小さいです。

 

 この状態で指や舌を駆使してお互いを愛撫するのもなかなか良いものですよ。

 

 

 

 テクニックとしては、鼻を性器に押し付けてみると良い反応が返ってくるかもしれません。

 

 違った快感があるみたいで「好き」という女性は多く見かけます。

 

 また、愛撫のやり方は基本的には同じですが、身体が逆さになっているので、

 

 Gスポットが責めやすくなる場合もあります。

 

 いろいろと試してみると良いでしょう。

いろいろなセックスとプレイ カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法