アナル

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

アナルをはじめからていねいに

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

アナルセックスはなぜ気持ちいいのか?

 

 古代ギリシャの哲学者・アリストテレスは、

 

 「肛門は第二の性器である」と述べています。

 

 直腸には神経の末端が集中しているので、

 

 性的快感がダイレクトに脳に伝わるのです。

 

 

 また、直腸のお腹側には膣があるので、ピストン運動の振動が伝わり気持ちいいのです。

 

 アナルと言うと「肛門」に快感の主体があるように思えますが、実際の主役は「直腸」です。

 

後悔しないためのアナル予備知識

 

 アナルは初めから気持ちよいものではありません。

 

 膣と同じく、開発されて気持ちよくなるものなのです。

 

 また、アナルSEXの時に意識するべきことがあります。

 

 アナルの「狭さ」「繊細さ」「感染症の危険」です。

 

 

 「肛門」-「直腸」はとても狭い道です。いきなりバイブを使用すると事故が起きるでしょう。

 

 よくあるアナルの事故は肛門括約筋(こうもんかつやくきん)が切れてしまうことです。

 

 肛門の開閉をする筋肉ですが、一度切れると二度と再建できないケースもあるので要注意。

 

 う○こを我慢する筋力が弱くなってしまうので、その後の生活に支障が発生してしまいます。

 

 

 また、「肛門」-「直腸」の表面は粘膜です。つまり、とても「デリケート」ということですね。

 

 場合によって「出血」をしたり、「切れ字」「粘膜炎症」を引き起こす可能性があるのです。

 

 

 特に怖いのは「感染症」です。肛門と直腸には、多くの病原菌が生息しています。

 

 様々なバクテリアが生息しているので感染症を引き起こす危険性があるのです。

 

 ペニスが感染症になると焼けるような痛みが走ります。想像するだけで戦慄しますね。

 

アナルセックスは「優しさ」と「道具」、そして「ローション」で楽しめる

 

 さんざん不安を煽ってしまいましたね。すいません。

 

 しかし正しい方法で行えばアナルSEXを楽しめます。 

 

 キーワードは「優しさ」と「道具」、「ローション」。

 

 この3つを守れば、「安全なアナルSEX」が実現します

 

 

 「優しさ」はパートナーをいたわり、「お互いが段階的に成長する」ということ(アナル開発)。

 

 道具は「アナルプラグ」「バイブ」などを"開発段階"に合わせて適切に使用することが大切。

 

 また、「ローション」もアナルセックスに特化した選び方や使い方が存在するので覚えましょう。

 

 

 それでは、以後のページから「具体的なアナルセックスの方法」について解説していきます。

アナルセックスの方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法