挿入しやすい体位

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

挿入しやすい体位は2つある

 

 

 

 挿入しやすい体位は、屈曲位後背位(バック)

 

 どうして挿入しやすいのかと言うと・・・

 

  • 膣の位置が確認しやすい。
  • 膣道が水平に保たれやすい。

 

 この2点があるからです。

 

 

 

 後背位は女性器の位地がかなりクリアにわかります。

 

 単純な位置関係もありますし、照明がモロに当たるのでまず膣の入り口がハッキリしやすい。

 

 

 

 また、膣の構造から言っても、

 

 後背位は膣道が水平に保たれやすいです。

 

 ペニスは言わば棒なので、真っ直ぐにスッーと入れるほうが、

 

 男性としても細かい調整はいらず、経験の浅い女性でも痛みは少なく済みます。

 

 

 

 

 

 また、屈曲位もほとんど同様の事情で挿入しやすい体位です。

 

 屈曲位とは女性が仰向けに寝た状態で両脚をV字のように伸ばします。

 

 そのまま後ろに倒れるようにして身体を折り曲げる正常位の一種です。

 

 男性から見ると、女性が両脚を広げてひっくり返り、おっぴろげにしている。

 

 このまま女性に覆いかぶさるようにしてペニスを挿入します。

 

 (いまいち分からない方はイラストで、「wikipedia 屈曲位」

 

 

 

 屈曲位のポジションを想像しながら、男女を横から見て下さい。

 

 ペニスを斜め上から挿入するわけですからペニスの状態は(「/」)、

 

 膣も(「/」)の線を保持して待ち構えているので挿入しやすいのです。

 

 

 

 ちなみに騎乗位も挿入しやすい体位ですが、慣れていない女性にはピストン運動は大変。 

 

 両足だけで垂直な縦の動きをするというのは結構筋力がいるのです。

 

 そのため前後運動になりがちですが、挿入はし易いが動きづらいという理由で除きました。

セックスの挿入とピストン運動 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法