Gスポット

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

Gスポットをはじめからていねいに

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

Gスポットの場所と探し方

 

 Gスポットとは、ドイツのグレフェンベルク氏が発見し、

 

 自身のイニシャルにちなんで命名をした性感帯です。

 

 

 医学的には「尿道海綿体」という泌尿器の一部で、

 

 神経が集中し、スキーン腺と言う分泌腺があります。

 

 このスキーン腺がGスポットの快感を生み出しています。

 

 

 Gスポットのは膣の入り口付近にあります。膣の入り口から4−5cmのあたり、

 

 中指の第2関節あたりに感じるザラザラとした面で、11時から1時の範囲にあります。

 

 膣の表面にあるのではなく、膣の壁に埋め込まれていることを覚えておきましょう。

 

 

Gスポットは科学的に解明されていない神秘のパーツ!?

 

 Gスポットは知覚神経が集中しているだけでなく、スキーン腺という分泌腺が備わっています。

 

 「スキーン腺」とは、性科学的にはオーガズムに深く関係していると思われる分泌腺のことで、

 

 Gスポットの性的快感の多くが、スキーン腺によって発生していると言う仮説もあるほどです。

 

 

 また、興味深いのは発生学的には、スキーン腺は男性の前立腺に相当します。

 

 男性のアナルプレイで「前立腺マッサージ」がありますが、その快感はGスポットに似ており、

 

 肛門内の前立腺が集中している場所を「男性のGスポット」と呼称することもあるぐらいです。

 

 

 さて、そんな神秘に満ちたGスポットですが、雑誌などを見ると女性からの人気も高いです。

 

 やはり1番支持されているのはクリトリスですが、Gスポットも上位に挙がることが多いです。

 

 また、Gスポットは知名度が高いことから、潜在的に期待している女性も多いと予測できます。

 

 

 Gスポットで性的快感を得るには、男性側の「慣れ」と女性側の「開発」が必要になります。

 

 Gスポットの性的快感は「全身の力が抜ける」「頭がとろける」と女性に表現されています。

 

 また、「良質な快感」だけではなく、Gスポット刺激により『潮吹き』をすることも可能です。

 

 

 Gスポットの魅力は「良質な快感」と「潮吹き」の2つで、絶対に外せないポイントです。

 

 実際のgスポット愛撫には"ある程度の慣れ"と"普段使わない筋力"が必要になりますが、

 

 場数を踏めば慣れてくるものです。最高の快楽のためにも男性の方はがんばって下さいね。

感じるフィンガーテクニック カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法