乳輪

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

女性が感じる乳首と乳輪の愛撫

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

まずは指で「乳輪 → 乳首側面 → 乳首表面」

 

 いきなり快感が大きいパーツを責めてしまうと、

 

 その他のパーツがあまり感じなくなってしまいます。

 

 乳首の場合、「乳輪 → 乳首側面 →乳首表面」

 

 という順で敏感になるので、覚えておいて下さいね。

 

 ということで、まずは乳輪から愛撫していきましょう。

 

 

 乳輪の愛撫は、人差し指と中指をくっつけた形が基本フォームです。 

 

 指の腹を使って、乳輪に円を描いていきます。くるりくるりと渦を巻くように愛撫しましょう。

 

 「(乳輪の)内側から外側へ」⇒「外側から内側へ戻る」のサイクルを意識すること。

 

 


 

 乳首は「側面」と「表面」に分けて愛撫します。

 

 「側面」は敏感ですが、「表面」が1番敏感です。

 

 ということで、「乳輪」の次は「乳首・側面」です。

 

 

 乳首の側面は「親指」と「中指」で優しく挟みます。

 

 親指で乳首を支えて中指をスリスリと動かします。

 

 使うのは「指の腹」。初めはソフトタッチ、途中から「女性の反応」を見て力を入れていきます。

 

 ただし、「力の調整」は意外に難しいので「指を動かすスピード」を調整する方法もあります。

 

 初めは「ロースピード」途中から「ハイスピード」になると女性の快感も右肩上がりになります。

 

 

 もっとも敏感な「乳首・表面」は人差し指で愛撫します。こちらも「指の腹」を使いましょう。

 

 イメージとしてはマウスホイールを転がすように「乳首・表面」を指の腹で転がします。

 

 慣れてきたら写真のように3本指で乳首を愛撫します。このフォームが乳首愛撫の基本です。

 

 

 

乳輪・乳首を「口」「舌」で愛撫

 

 「口」「舌」での愛撫は必ず「指の後」に行います。

 

 理由は、唾液の匂いは結構「キツイ」からです。

 

 その唾液を指で触ると一層匂いが立ち込めます。

 

 

 ということで、口や舌での愛撫は「指での愛撫後」に行います。「セックス全体を通して」です。

 

 また、乾いた乳首と「(唾液で濡れた)ウエットな乳首」では快感の種類はまた違うものです。

 

 快感にメリハリをつけることが可能なので、「指と手」と「舌と口」は明確に分けるのも選択肢。

 

 


 

 「乳首舐め」は乳輪の愛撫からスタート。愛撫する順番は「指」の場合と一緒です。

 

 舌を尖らせて乳輪に円を描くようにして愛撫します。グルグルと渦を巻くイメージです。

 

 「乳首・側面」は舌を左右に動かして舐めるか、唇にはさんでしごいても良いでしょう。

 

 「乳首・表面」も同様に舌で左右に愛撫するか、チューチュー吸ってあげても良いです。

 

 

 オススメの愛撫方法は、口で「乳首・側面」をくわえて「乳首・表面」を舌で舐めます。

 

 唇をすぼめて側面をホールドし、唇の間から出した舌で表面をチロチロと愛撫するのです。

 

 

 実際に愛撫する時は、女性のニーズに合わせて指と舌を交互に駆使するでしょうが、

 

 唾液のニオイを防ぐ為にも、舐め終わったらなるべく湿気を吸い取るようにして下さい。

 

 このように女性がはばかることなく感じられる配慮もセックス全体を通して大切です。

おっぱい・乳首 入門講座 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法