『実演動画』『6つの指技』の内容を斬る!

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

北条麻妃の『絶頂ピストンメソッド』の特典のレビュー

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

『絶頂ピストンメソッド』本編のレビューはこちら

 

特典1:実演動画

 

 

北条麻妃さんと男優さんが、実際にSEXをして、『絶頂ピストンメソッド』を実演します。
全部で38分もあるので、そのまま通しで見ていると、確実に眠くなってしまいます(笑)。

 

あくまで、教材の内容で理解できないところを、
実演で部分的に確認するという使い方がオススメ。

 

そもそも、AVでさえ早送りして見るものなので、
他人のセックスの一部始終を見るというのは苦痛ですね。

 

 

ただし、教材としての価値が高いのは間違いありません。

 

SEXを勉強するためのAVはあまり無いですし、
こういう教材でも実演していない場合もあります。
技術を吸収する目的意識があるなら、教材としての価値は高いです。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

 

特典2:『6つの指技』

 

 

本教材はペニスでのピストン運動がメインですが、
この特典では、「指愛撫」について解説しています。

 

ひとことで言うと変わった教材です。
ターゲットにする性感帯もGスポットと●●筋で、刺激法も相当変わっています。

 

本編『絶頂ピストンメソッド』の内容を補完するのが目的で、
指愛撫で膣内の性感帯を開発して、ピストンの下準備をするもの。
指で膣内を敏感にしておけば、その後のピストンメソッドの効果を引き出さるということです。

 

もちろん、「指愛撫」単体でもオーガズムを得られますし、
本編クラスの大ネタがこれでもかこれでもかと連発されています。

 

 

指技の意義

 

指技が持つ意義は、狙った場所を的確に刺激できることです。
それゆえ、膣内の性感帯を開発しやすく、膣内の感度を高めやすいのです。

 

もちろん、ペニスでも的確な刺激は可能ですし、ペニスでしか出来ないこともあります。
しかし、指愛撫は初心者でもやりやすく、数週間でイキやすい身体を作ることが出来ます。

 

基本的に、女性は一度オーガズムを経験すれば、次からはずっとイキやすくなるものです。一度、水が通った道は次からはずっと通りやすくなるので、女性にイキ癖をつけましょう。

 

したがって、先に指で開発を進めれば、膣内が敏感になります。
そうすると、ピストン運動がより充実したものになりますね。本編を補強する内容と言えます。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

第1章 指の準備・ツメの手入れ

 

 

冒頭で「ツメの手入れ」と「ローションの選び方」がレクチャーされます。
ツメの手入れは当然のマナーですが、どこまでツメを切るべきなのかは結構迷いますね。

 

教材が示す基準で実践して頂きたいですが、
ツメは日常生活でも使うので、指愛撫に使用する指のツメのみ切りましょう。

 

ローションの選び方は、ほとんどの男性がおろそかにしているはず。
「ローションなんてどれも一緒だ」そう思っている方は必見の内容です。

 

安価なローションは、女性の膣内のかゆみや荒れの原因にもなります。
そのため、本特典では「●●●●●」や「●●●●ー」を主成分としたものを推奨しています。
やや値は張りますが、ドラックストアでも手に入りますし、数千円で何か月もご使用頂けます。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

 

第2章 膣内の感度を高める指技

 

 

まず初めに、膣内を感じやすくするための技術が解説されます。
オーガズムを得るのではなく、あくまで前戯をするのが目的です。
本特典の大技を使うための「下準備」のためのパートと理解して下さい。

 


 

指技1.●●●●●と△△の同時刺激

 

ある場所と膣内のある場所を同時刺激します。
同時刺激と言うと、初心者に向かない高等テクニックに思えますが、真逆です。

 

 

■同時刺激の意義

 

女性器の外側と内側を同時刺激すると不思議なことが起きます。
外と中の快感が混ざって、まるで中で感じているように錯覚するのです。

 

 

そのため、膣単体で感じられない女性でも、
外側の快感を呼び水にして、膣でも感じられるのです。
だから、上級者向けではなく、初心者こそ実践すべきテクニックなのです。

 

特に、膣が未開発な女性の場合、中で感じられることを本当に知りません。
開発前は、めん棒を入れられても感じない場所ですから、当然と言えば当然。

 

そのため、何よりも重要なのは「中は気持ちいい」ということを女性に知って頂くこと。
女性としても、実際に体験してみないと、膣で気持ち良くなりたいという欲求が湧きません。

 

同時刺激による快感のミックスによって、
女性に膣性感に目覚めてもらいましょう。

 


 

指技2.膣の●●部分で感じさせる

 

1は膣内の性感を意識してもらうのが目的ですが、
2では、より具体的な膣性感を得てもらいます。

 

膣の●●部分を刺激します。
普段のピストン運動でも「かする」程度の摩擦はありますが、
ここをピンポイントで指愛撫するという発想はありませんでした。

 

しかし、レビュー執筆前のリサーチによれば、神経が集中している場所でした。
多くの人が見落としている性感帯で、「灯台下暗し」という感想を抱きました。

 

指愛撫のやり方は、すごくシンプルです。
難易度は高くなく、今夜から実践して頂けます。
初心者でも簡単に快感を与えられるとっておきの手法です。

 

●●部分でも、特に反応の良いスポットが見つかるかもしれません。
その場合は、敏感な部分のみを集中的に攻めてもいいでしょう。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

 

第3章 ●●●●●でオーガズムを与える

 

 

 

実は●●●●●でのオーガズムを経験すると、
膣内の他の性感帯もつられて感度が高まります。
膣は神経と筋肉のかたまりですから、一部での絶頂が、他の部分にも影響を与えるのです。

 

そこでこのパートでは●●●●●の指技が伝授されます。
ここをしっかりこなすことで、膣全体が感じやすくなるので、頑張りどころです。

 


 

指技3.●●●●●を刺激する

 

オーソドックスな●●●●●刺激法。
この指技は特に目新しい内容ではなく、ハウツー本でも読める内容です。
この通りやれば、女性の●●●●●を的確に刺激できるので、教材通りに行いましょう。

 

この指技をしっかり習得することで、
4の同時刺激法が効果的なものになります。
決して、おろそかにはしないようにしましょう。

 


 

指技4.●●●●●と△△△△△を同時刺激する。

 

●●●●●単体でオーガズムに達する女性もいますが、
残念ながら、そう簡単にイケる女性ばかりではありません。

 

そこで△△△△△との同時刺激を行います。
△△△△△での快感を呼び水にして、●●●●●で感じやすくするのが狙い。
一度イクと次からはイキやすくなるので、いずれは●●●●●単体でイケるようになります。

 

問題の指技ですが、やり方はすごくシンプルです。
手のフォームさえ覚えれば、今夜から実践して頂けるでしょう。
細かい指の動きも必要ないので、不器用な男性でも問題ありません。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

 

第4章 ●●●筋でオーガズムを与える

 

 

これは大ネタです。

 

膣内の●●●筋が性感帯であると紹介しています。
ハウツー本には絶対に載らないような、かなりレアな場所です。
しかも、Gスポットと並んでイキやすい場所だと言うのだから驚き。

 

実は、筆者も●●●筋が性感帯であることは知っていました。
しかし、ここでオーガズムを得るという発想はありませんでした。
気持ちいいだろうけど、ここでイクことはないと勝手に思っていました。

 

そのため、教材の内容をにわかには信じられませんでした。
ただの筋肉のかたまりですから、オーガズムなんて想像ができない場所。
そこで、筆者のパートナーに協力を得て検証したら、衝撃の事実が発覚。

 

 

■パートナーとの検証結果

 

教材通りに指愛撫したのですが、パートナーいわく「いや、いつも刺激してもらっていて、気持ちいいと感じていたよ」とコメント。

 

筆者自身にそのような意識はありません。

 

どういうことかと問うと「(筆者の)ペニスが大きいから、
(筆者とするときは)いつも当たっていた」
との返答。

 

 

実は、筆者はかなりの巨根です。
関係を持った女性はほぼ100%「大きいね」と感嘆の声を漏らします。

 

一般男性の2倍近くあるのですが、太さもすごいのです!
そのため、知らず知らず●●●筋をピストン運動で刺激していたことが発覚。

 

まったく無自覚でした。
●●●筋の位置を正確に把握していなかったことも原因ですが、
まさかの展開に、我ながら巨根おそるべしと感心した次第です。

 


 

このような経緯を経たのですが、
結論から言うと●●●筋の指技は実践するべきです。

 

1つには神経が通っている性感帯であること。
2つには、平均サイズのペニスなら通常のピストン運動でも「かする程度」の刺激があります。
そのため、開発をすることで「かする程度」の刺激でも快感を得られるようになるからです。

 

つまり、●●●筋をしっかり開発することで、
普段のピストン運動でも快感を得られるようになるのです。

 

多くの男性にとって盲点になっており、
しかもピストンでの快感に直結するもの。
本当にこの指技は大ネタなので期待して下さい。

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

 

 


 

指技5:●●●筋をマッサージするように刺激する。

 

開発を目的とした指技です。
問題の●●●筋をもみほぐします。

 

特に難しくはなく、指1本ですべての作業が完了します。
特筆することはなく、指技6の下準備となる技です。

 


 

指技6:●●●筋を左右に△△△△刺激する

 

●●●筋を本格的に刺激して、女性に快感を得てもらいます。
ちょっと変わった指技で、多少、腕の筋肉が疲れてしまいます。
そのため、教材通りに手首や肘を●●して動作を行うようにしましょう。

 

パートナーにこの手法を実践したところ、「すごく気持ちいい。そのまま続けて」とコメント。
筆者もパートナーも初めて体験する指技でしたが、「次回からも」と肯定的な反応でした。

 

男性側も簡単に愛撫できますし、(巨根効果もあるのでしょうが)パートナーの反応も良好。
ほとんどの光の当たらないスポットですが、疑いようもなく「隠れた名所」と断言できますね。

 


 

ちなみに、本特典ではポルチオについての指技はありません。
高度なテクニックは登場せず、実践しやすいものが中心です。

 

特典内でも述べられていますが、
むやみに難しい技に手を出しても意味がありません。

 

実践しやすく、効果を得やすい指技に集中する方が、
女性が満足するSEXを最短で実現できるからです。

 

 

この教材全体を通して言えることですが、
視聴者が確実に成果を出せるように意識して作られています。

 

あれもこれもと手を出させるよりも、こちらの方がよっぽど親切ですね。
こういう実践のしやすさも『絶頂ピストンメソッド』の大きな魅力なのです。
本編も特典も大変コンパクトで、今夜から実践できる内容になっています。

 

 

さて、これで特典のレビューは終了ですが、
最後に、教材の視聴法についてアドバイスさせて下さい。

 

本編より先に、特典の内容を実践しましょう。冒頭で述べた通り、本特典を実践することで、膣をとても感じやすい場所に開発できます。そのため、絶頂ピストンメソッドの効果を最大限に引き出せるので、「特典」⇒「本編」の順番の方がスムーズに成果を出せるでしょう。

 

それでは最後のレビューです。パートナーと4週間、教材の内容を検証しました。

 

北条麻妃『絶頂ピストンメソッド』をパートナーと検証した結果

 

 

>>>北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」公式サイトはこちら

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法