正常位は射精コントロールをしやすい

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

射精をコントロールできる体位

 

 

 

早漏であるかどうかが問われるのは、実際のセックスの場ですから、挿入してから射精するまでの体位の選択は重要です。早漏防止のための治療薬やグッズの力を借りて射精までの時間の引き延ばしを図っても、実践の場で効果が発揮できなければ意味がありません。

 

結論から言えば、射精をコントロールしやすい体位は、男性が主導権を握ることのできる正常位です。あまりにオーソドックスと思われるかもしれませんが、男性がパートナーの上に覆いかぶさる格好の正常位はピストン運動のリズムや射精のタイミングを終始リードできます。

 

 

腰を動かす速さや強さを男性が自分でコントロールできるので、射精しそうになったら、いったん動きを止めればよいのです。また、正常位の体勢を保ちながら、男性が上体をベッドに対して垂直に起こすと、過度の興奮が抑えられるため(女体から目を逸らす)、射精のタイミングを遅らせることができます。

 

逆に、コントロールしにくい体位の筆頭は女性上位の代表である騎乗位です。女性が主導権を握るこの体位は男性の側でコントロールすることが困難なので、早漏の方には不向きとされています。いずれにせよ、射精をコントロールするためには、正常位を基本に、男性が主導権を握る体位を選択しましょう。

 


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法