早漏の塗り薬

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

トノスの効果と副作用

 

 

 

これまでに取り上げた治療薬は、SSRI、ダポキセチン、レビトラなどは、いずれも飲み薬でしたが、今回紹介する「トノス」は塗り薬です。

 

ペニスに直接塗るんですね。トノスは有効成分として、局所麻痺(まひ)剤と男性ホルモン(テストステロン)が含まれているのが特徴です。簡単に言うと、亀頭の感覚をマヒさせて、刺激耐性をつけます。

 

 

早漏改善の場合には、セックスの20〜30分前を目安に、小豆大の分量を亀頭に塗ると、局所麻痺剤が射精を遅らせる働きをするのです。ただし、塗る分量に注意が必要です。

 

適切に用いれば、程よく射精時間を遅らせることができます。しかし、塗りすぎると、麻痺の時間が長引いてしまい、イキたい時にイケなくなる恐れがあります。添付の注意書きを読んで正しい用法・用量を守りましょう。また、トノスの効果は、あくまでも、麻痺成分による一時的なものであり、早漏そのものを根本的に治す薬ではありません。あくまで自転車の補助輪のようなものと心得て、有効活用しましょう。

 

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法