SSRIの副作用が心配な方は

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

ダポキセチンの効果と副作用

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

早漏の治療薬として紹介したSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)の中でも、効果と安全性の高さから関心を集めているのがダポキセチンという薬です。より副作用が小さいのです。

 

SSRIが早漏治療薬としても使われるのは、脳内伝達物質であるセロトニンを増やして、射精を遅らせるように働くからです。SSRIは、様々な抗うつ剤の中でも、比較的、副作用が少ないのです。

 

しかし、ある種のSSRIには神経や精神面に悪影響を与える場合があるため、使用を制限されているものがあるのも事実です。

 

 

その点、ダポキセチンは後発ながら、副作用が出にくいなどの高い安全性や効き目が認められ、ヨーロッパを中心に海外で広く使われています。中程度の早漏男性を対象として、アメリカで行われた大規模な実験では、30mgタイプを服用したグループは平均167秒、60mgタイプを服用したグループは平均199秒、射精を遅らせることができたそうです。性行為において、3分前後の時間はかなり貴重ですね。

 

射精までの時間を服用前の3〜4倍に延ばすことができたという報告もあります。大きな副作用はありませんが、人によっては、めまいや頭痛、胃のむかつきを感じることがあります。服用時に飲酒すると、気を失う可能性があるので注意が必要です。SSRIの副作用が心配な早漏男性は試してみては?

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法