セロトニン分泌で早漏を予防

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

早漏治療薬SSRIの効果と副作用

 

 

早漏の治療薬として注目され、実際の治療現場でも積極的に使われている治療薬がSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)です。

 

元々は抗うつ剤として開発されたのですが、早漏にも効くことが明らかとなったため、治療に用いられるようになりました。簡単に言うと、脳内伝達物質セロトニンを分泌させてくれる効果があります。

 

 

 

ご存知のように、性的興奮が高まると、ノルアドレナリンが分泌されて、交感神経支配になります。射精の準備が整い、暴発の危険性が出てきます。そのため、ノルアドレナリンは「早漏男性の敵」ですが、セロトニンはノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがある救世主なのです。SSRIの薬効はここです。

 

また、SSRIは抗うつ剤なので、緊張や不安を落ち着ける効果があります。緊張や不安も性的興奮同様にノルアドレナリンを分泌させてしまうので、「心を落ち着ける」という点でも早漏予防になります。

 

 

これらの理由からなのか、SSRIを服用している患者さん達に、射精しづらくなるという副作用が発見されました。そのため、SSRIが早漏治療に応用できるのではないかと医療業界で考えられたわけです。効き目が現れるのは服用から、およそ5時間後なので、セックスの5時間以上前に飲む必要があります。

 

服用後に、めまいやふらつき、眠気などの副作用を訴える人もいます。このため、車や機械の運転は控えるようにしましょう。SSRIはうつ病の治療薬として開発されているので、同じような向精神薬との併用はNGです。躁病、てんかん、緑内障を経験している人は服用してはいけません。非常に効果のある薬ですが、早漏は保険適応外なので、購入時は10割負担となります。価格が高いのがネックです。

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法