緊張や不安が原因の早漏には

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

早漏を改善する腹式呼吸

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

射精は、性的興奮が高まり、交感神経が優位にっているときに起きます。そのとき、呼吸は乱れており、ハァハァの状態です。

 

逆もしかりで、呼吸が落ち着いているときは副交感神経が優位になり、落ち着いてる状態になります。したがって、セックス中に腹式呼吸を心がけることで、性的興奮を抑えることが出来ます。

 

実は、胸式呼吸は、女性の呼吸法で、腹式呼吸は主に男性の呼吸法です。ですから、男性が腹式呼吸をするのは簡単です。

 

 

 

■腹式呼吸のやり方

 

1.まず、ゆっくりと5つ数えながら、お腹がへこむまで口から息を吐き出す。
2.次に、ゆっくりと5つ数えながら、鼻から息を吸い込みましょう。

 

ポイントは、息を吸ってから吐くのではなく、吐いてから吸うようにします。
息を吐けば必ず、その分だけの空気が入ってくるからです。

 

 

 

実は、呼吸は自律神経をコントロールできる唯一の方法です。
腹式呼吸をすることで、リラックスをうながして、精神の安定がはかれます。
早漏男性なら、シャワーを浴びている段階から、意識して腹式呼吸に変えましょう。

 

特に、SEXが不安で仕方ない「精神的な要因」による早漏の方は徹底して意識して下さい。
不安や緊張がノルアドレナリンを分泌させ、交感神経支配をより一層進めてしまいます。
通常よりも早く、体が射精準備に入ってしまうので、呼吸法が有効な手法になるかもしれません。

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法