早漏トレーニングの効果の表れ方

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

射精までの時間の伸び方

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 スローセックスで有名なアダム徳永氏によれば、
 射精までの時間はある独特な伸び方をします。

 

 「射精までの時間は訓練によって伸びる。
  しかし、右肩上がりに一直線に伸びるのではなく、
  一定期間横ばいの状態が続いて、その後持続時間が伸びる」

 

 

 右図のように、初めはトレーニングの成果が表れるのですが、
 ある程度伸びると、一定期間の停滞期にぶつかり、その後にまた伸びます。
 「伸びる時期」と「伸び悩む時期」が交互に表れると氏は主張しています。

 

 アダム徳永氏いわく「射精までの時間は横ばいが続き、あるときポーンとジャンプアップする」。
 氏ご自身がかつては3分以内に暴発する方だったのですが、訓練によって早漏を克服したそうです。

 

 その経験は氏の著書『「たった3分」からの大逆転』にて記されており、涙ぐましい努力が読めます。
 そのため、この「横ばいジャンプ説」には説得力があり、筆者も完全に同意できます。

 

 トレーニングでは、なかなか効果が表れず、挫折することもあります。
 しかし、横ばいの時期があるのですから、絶対に諦めてはいけません。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法