敏感なペニスの鍛え方

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

亀頭への刺激耐性:

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

当サイトの立場は「射精の現場は脳であり、早漏は脳が興奮しすぎることにある」という立場です。しかし、ペニスそれ自体の敏感さも決して無視できるわけではありません。

 

早漏の原因の何%が精神的なもので、何%がペニス自体に関係するものかは、その時の状況や個人差が関係するので、一概には言えません。しかし、早漏を克服した方の多くは、亀頭が刺激に対して過敏であったことを理由に挙げており、亀頭を鍛えようとしたことを明らかにしています。

 

 

 

ちょうど乾燥した冬場の静電気に対して、いつも飛び上がるほど反応する人と、まったく動じない人がいるように、外からの刺激に過剰に反応する亀頭と、平然としている亀頭があるようなものです。

 

鍛えるといっても、亀頭部はとてもデリケートで傷つきやすい場所ですから、むやみにたたいたり、ゴシゴシこすったりするのは良い結果を生みません。ここでは入浴時にできる訓練法を紹介しましょう。

 

 

■入浴時の亀頭マッサージの方法

 

1.やわらかいタオルで亀頭をきれいに洗う。ボディーソープでしっかりと泡立てる。
2.慣れてきたら、かためのタオルに変える。

 

※タオルが痛い場合は、ガーゼを代用しても良い。
※仮性包茎の男性は、しっかりと包皮をむく。

 

 

 

毎日のお風呂で行うことで、亀頭に対する刺激耐性が次第に高まってきます。
特に、包茎の男性は、亀頭が包皮に守られているので、えてして刺激に弱いです。
ペニスの清潔さを保つことも出来るので、ぜひ毎日の習慣として行ってください。

 

亀頭の刺激耐性は、スクイーズ法などの訓練法でも身に付けられます。
当サイトのコンテンツを参考に、いろいろな刺激を亀頭に与えるようにして下さい。

 

 

カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法