草食化は全世界的な現象である

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

「若者の精子数が減少している」という噂は事実なのか?

 

 


結論から言うと、日本人の40代男性と比較して20代男性の精子量は、およそ半分しかないと判明しました。

 

全国の成人男性300人のデータを集めたところ、1mlあたりの平均精子数が20代では4600万個、40代では8400万個だったのです。大体、半分ということになりますね(帝京大学 医学部調べ)。

 

 

信じがたい調査結果ですが、
実はこれは世界的な傾向でもあります。

 

 

デンマークの医師による調査でも、
40代で7800万個、20代が4580万個という同様のデーターが得られました。

 

 

 

また、フランスでは1989年から2005年の間に、
男性の精子濃度がほぼ3分の1ほど減少していることが研究によって判明。

 

 

精子数という意味で言えば、「男性の草食化」は世界的な流れなのです。
はっきりとした原因は分かっていませんが、「環境ホルモンの影響」と見る考えが一般的です。

 

 

環境ホルモンは、正確には内分泌かくらん物質と呼ばれるもので、
文字通り、体内のホルモン分泌を狂わせてしまう困った存在です。

 

特に、環境ホルモンは体内で男性ホルモンの働きを阻害します。
そのため、生殖機能の維持や強化の妨げになってしまいます。

 

環境ホルモンは、体内の活性酸素を増やすと考えられています。
活性酸素は、精子の製造を阻害するので、精子の質が確実に悪くなります。

 

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法