糖尿病や高血圧がEDにつながる

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

生活習慣病は精力減退の最大のリスクになる

 

 

 


EDの三大要因に「喫煙」「糖尿病」「高血圧」です。
血糖値や血圧がすでに異常値の方もいらっしゃるでしょう。

 

これらが進行すると、血管や神経の障害によって、
勃起できなくなる器質性EDになるケースがあります。
メンタルの問題ではなく、身体的に無理になるのです。

 

 

高血圧は血管へのダメージが大きい

 

糖尿病や高血圧は、ともに血管へのダメージが大きい病気です。
高血圧は、血流が良くなるイメージもあるかもしれませんが、全然違います。

 

高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、
動脈内の血管壁が厚くなり、血液が流れる場所が狭くなります。

 

さらにコレステロールや脂質がたまりやすくなり、
より血管内はぎゅうぎゅうい狭くなってしまいます(動脈硬化)。

 

当然、全身の血液の流れが悪化するので、
血管が細く複雑になっているペニスの海綿体はその影響をモロに受けます。

 

 

糖尿病はより深刻!血管だけでなく神経にもダメージを与える

 

糖尿病になると過剰な糖分が血液や尿に溶け出しますね。
事実、糖尿患者の尿を飲むと、本当に甘い味がするそうです。

 

当然、この糖が血管の壁にべっとりと張り付いてしまい、
血液はドロドロのベトベト、最悪の状態になってしまいます。

 

そのうえ、高血糖に長期間さらされることになり、
陰茎海綿体に分布する神経が侵されてしまいます。

 

こうなると非常に厄介で、
問題はさらに上の段階に進行します。
そのため、糖尿病患者にED患者が少なくないのです。

 

 

次 腰痛は神経にダメージを与えて、精力減退を引き起こす

 

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法