絶倫になるには運動しかない

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

筋トレと有酸素運動がもたらす強精効果のまとめ

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

筋トレが精力増強する理由

 

筋トレによって、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンの分泌が促進される。
 テストステロンは一酸化窒素を生成する働きがあるので、勃起力が高められる。

 

 

特に、下半身の筋トレ(スクワット等)は勃起力の向上に貢献する。
 筋肉には、筋肉細胞が集まっており、その周辺には無数の毛細血管がある。

 

 当然、筋肉量が増えれば、毛細血管も増える。
 そのため、下半身の筋肉量が増えれば、送り込まれる血液量が増加する。
 言うまでもなく、勃起がスムーズになるので、強精効果がもたらされる。

 

 

・また、人間の熱は筋肉で生まれる。
 筋肉量が増えれば平熱が上がるので、生殖機能の働きが活性化する。

 

 

オススメはスクワットです。
 スクワットは勃起に直接関係する「骨盤底筋群」を鍛えられる。

 

 

・勃起現象において、骨盤底筋群は重要な役割を果たしている。
 そもそも、勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで起きる。
 このとき、「骨盤底筋群」はペニスの根元を締め付けて血液の流出を防ぐ役割をする。

 

 

・しかし、加齢によって筋肉量が落ちると、骨盤底筋群の筋力も弱まる。
 海綿体の血液が流出してしまい、EDや中折れの原因になってしまう。

 

 

有酸素運動が勃起力を高める

 

 

・ひとことで言えば、有酸素運動は血流を改善します。

 

・心肺機能が高まり、毛細血管の機能が向上。
 海綿体も例外ではなく、ペニスへの血流が良くなる。

 

精子数が増える。週に7時間以上運動している人は、
 運動量が週1時間以下の男性と比較して精子濃度が48%濃かった。

 

ただし、エアロバイク(自転車)による運動は精子数を減らしてしまう。
 週に1時間以上自転車を漕いでいる人は、自転車を乗らない人と比較して34%少なかった。

 

・これはサドルに座ると、陰嚢(タマ)を長時間圧迫することが原因。
 圧迫によって、股間周辺の温度が上がり、精巣の働きが弱まるためである。
 精巣の適温は35度前後なので、熱に弱い。自転車による運動は避けるべきである。

 

・自転車と同様に、注意したいのは有酸素運動のやり過ぎ。
 有酸素運動をやり過ぎると、テストステロン値が減少してしまう。
 当然、勃起力が弱まってしまうので、1日30分〜60分程度に抑えるべき。

 

 

次 半身浴は精力と勃起力の向上をサポートする

 

 

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法