睡眠とテストステロンの関係

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

精力増強を実現する睡眠の質の高め方

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

 

■ざっくり言うと・・・

 

・良い睡眠は男性ホルモンの分泌量を高める。
 つまり、セックスパワーの土台は睡眠である。

 

・睡眠時間が不足すれば、
 食事や運動などの精力増強法の効果は半減する。

 

 

睡眠とテストステロンの関係

 

精力増強のポイントは、男性ホルモンの分泌量を高めることです。
その大半を占めるテストステロンは睾丸(こうがん)で製造されています。

 

しかし、テストステロンの分泌は脳の指令によってもたらされます。
当然、脳の活性化が重要で、脳がパワーを発揮するには、質の高い睡眠が必要です。

 

また、単純に男性ホルモンは睡眠中に分泌されますから、
ぐっすり眠ることは精力増強にはとても重要なのです。

 

しかし、睡眠の質を高めれば、
精力が回復するわけではありません。
あくまで、食事法や筋トレの強精効果の土台になるという意味です。

 

 

睡眠の質を高める方法

 

 

・寝る前、3時間以内に食事はしない。
・筋トレを習慣化する。
・グリシンを飲む。

 

 

 

(1)寝る前3時間以内に食事はしない。

 

睡眠中は胃が空っぽの状態でなくてはなりません。
食べたものが消化されて胃が空っぽになるには、だいたい3時間かかります。
多くの料理のメインである炭水化物やタンパク質の消化はだいたい3時間だからです。

 

逆に眠る前に食事をして睡眠中も消火作業が続いていると、
内蔵に負担がかかり、睡眠の質は悪くなってしまいます。

 

そのため、理想としては寝る3時間前には何も食べない。
百歩譲って食べたとしても、少量で済ませる必要があります。

 


 

(2)筋トレ、有酸素運動を行う。

 

眠る直前の運動は厳禁ですが、寝る2時間前の運動は効果てきめん。
身体を動かして疲労を貯めるのも狙いですが、運動によって体温を上げることが特に重要です。

 

約2時間後に体温がグッと下がって、
寝付きがとても良くなるからです。

 

筆者も仕事を終えたらジムで汗を流していますが、
筋トレ・有酸素運動をしたあとは、明らかに睡眠の質が違います。
朝まで目が覚めることなく、グッスリと深い眠りに入れますね。

 


 

(3)グリシンを飲む。

 

グリシンは睡眠をサポートするアミノ酸です。
就寝前にグリシンを飲むことで、身体の中心部の体温が下がります。
その結果、レム睡眠(深い眠り)に達するまでの時間が短縮され、睡眠の質が向上します。

 

筆者はジム通いをする以前は、
夜中に目が覚めることに悩んでいました。

 

しかし、グリシンを服用するようになってからは、朝までグッスリ眠れるようになりました。
本当に飲むだけで効果があるので重宝しています。

 

次 高齢AV男優たちの証言!絶倫になれる方法

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法