テストステロンの分泌量の低下が大きい

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

精力減退の原因:加齢、食事、生活習慣のリスク

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

 

■ザックリ言うと・・・

 

・加齢による男性ホルモンの低下。
 「男の活力の源」テストステロンの分泌量が減り、生殖機能が落ちます。

 

・精力が落ちているのに食習慣を変えなければ、そのまま右肩下がりである。
 また、肥満は不妊の要因であり、高血圧や糖尿病は勃起力を弱めます。

 

・喫煙は、血流を悪化させるので、ペニスの勃起力を弱めます。
 また、アルコールは生殖機能を支えるビタミン類やミネラル類を大量消費します。

 

 

加齢による男性ホルモンの低下

 

やはり、直接的な原因は、加齢による男性ホルモンの低下です。
具体的には、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの低下が問題です。
一般的には、30歳をピークにゆるやかに分泌量が落ちて、60歳頃に10代の半分になります。

 

テストステロンとは生殖機能の根幹をなす性ホルモン。
男性ホルモンの大半を占めており、精巣で作られています。
精力増強をする上では、極めて重要な「男の活力の源」です。

 

 

(1)性欲を生み出して
(2)その興奮をペニスに伝えて勃起させます。
(3)精液の合成に直接関わっており、精子の質や量に影響を与えます。

 

 

 

テストステロン値の減少は、生殖機能の衰えです。
ムラムラもなくなり、勃起力も弱まり、精子の質も落ちます。
まさに「男の活力」を生み出す、セクシャルの源なのです。

 

ちなみに、このテストステロン値を高める最良の方法が筋力トレーニングです。
筋トレをすると、テストステロンの分泌量が高まり、生殖機能を強化することが分かっています。

 

5000年の歴史を誇るヨガの修行法のひとつである「タントラヨガ」では、
男性の性能力を高める肛門、腰筋、腹筋を鍛えるとトレーニングが指導されています。
古代から、筋トレと生殖機能の関係が理解されていたのです。

 

 

食生活による減退

 

加齢によって男性ホルモンが低下するのに、
食習慣を改めなければ、精力はそのまま落ちます。

 

精力増強法では、高タンパク低脂肪を心がけて、
精をつける食材を毎日の食事に取り入れます。

 

特にメタボリックシンドロームは精力アップの大敵です。
肥満は男性ホルモンの分泌量を下げ、テストステロン値を下げます。

 

 

アメリカのユタ大学のハムード博士の研究によれば、
不妊治療を受けている390人の男性を調査したところ、
24%が標準体型、43%が太り気味、33%が太り過ぎ。
実に76%が、太り気味か、太っている男性だったのです。

 

また同研究で、太っている人の精子の質の悪さも判明しました。
太っている人の精子を痩せている人の精子と比較したところ、
精子の運動性の差が3倍も悪いことが研究で分かりました。

 

 

その他、生活習慣病の『高血圧』や『糖尿病』も絶倫の敵。
実は、高血圧はペニスにとってもダメージが大きく、EDの三大要因のひとつ。
(EDの三大要因:高血圧、糖尿病、喫煙の3つ)

 

高血圧になると血管に大きな負担がかかり、
損傷を受けた血管が硬くなったり、狭くなります(動脈硬化)。

 

結果的に、全身の血流が悪化して、
血管が細く複雑な構造のペニスはその影響を受けやすいのです。

 

 

糖尿病も同様で、血糖値の上昇によって、血流が悪化します。
事実、糖尿病患者のなかにはED(勃起不全)の患者が多いのです。

 

このように血液に関する病気はED、精力減退に深く関わっています。
そのため、精力増強をするには、血流が重要なキーワードになります。

 

 

ストレスによる減退

 

過度のストレスは、男性ホルモンの分泌に関わる自律神経のバランスを乱します。
そのため、職場のプレッシャーや深刻なうつ病は精力減退を引き起こすのです。

 

特に、勃起は神経系と血管系が司っています。
ストレスが慢性化すると、精巣で男性ホルモンが分泌されなくなり、
脳からの信号が伝わらなくなってEDになる可能性が高まります。

 

初体験で緊張し過ぎて勃たなかったというのは、この現象が一時的に起きたものです。

 

 

ちなみに、男性の精力が落ち始めるのは一般的には30歳頃です。
社会人としては30歳ぐらいで職場でのポジションに変化が生じますね。
そのような背景があるので、精力が落ちる要素はいくらでもあります。

 

提案としては、前述の筋トレです。
筋トレはストレス解消効果があるだけではなく、
神経系の働きを高めることによってストレス耐性を生み出します。

 

エグゼブティブは、トレーニングをしている人が多いようですが、
単なる健康維持だけでなく、仕事に打ち克つ心を作っているのです。

 

 

喫煙、飲酒、その他精力減退させる習慣

 

喫煙はEDの三大要因のひとつです。
ご存知の通り、煙草を吸うことで血管が収縮して、血流が悪化します。
当然、血管が細く、複雑な構造を持つペニスは悪影響を受けます。

 

また、喫煙は精子にも直接ダメージを与えます。
煙草を吸うと血液中にたくさんの一酸化炭素などの有害物質が入り込みます。
その結果、内蔵器官に対して、しっかりと栄養を運べなくなるのですが、精巣も同様です。

 

 

精子の生産能力が低下して、
精子の運動率が低下してしまい、
DNA構造が傷つけられてしまいます。

 

 

そのため、勃起力・精力が落ちるだけでなく、
確実に男性不妊のリスクにもなるのです。

 

 

飲酒の習慣も注意が必要です。
お酒を飲むと勃起力が弱くなってしまいます。

 

人間の身体は体内でアルコールを分解処理する際に大量のエネルギーを使います。
ビタミン類(ビタミンB群、C)がミネラル類(亜鉛など)の栄養類が大量に消費されてしまいます。
これらの栄養素は男性ホルモンの分泌や精液の生成など、男性の生殖機能を形作るものなのです。

 

たまの飲酒はよいのですが、
毎晩飲んでいては精力維持の点からマイナスです。

 

次 精力増強の原理、精神と肉体の向上によって回復する

 

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法