絶倫

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

絶倫になれる根拠:若い頃の精力を取り戻せる理由

 

 

 

 

■ざっくり言うと・・・

 

・精力減退の最大の理由。加齢による男性ホルモンの減少。
 性の源である男性ホルモンが減ると、性欲が湧かなくなり、勃起力も落ちる。

 

年を取れば精力が落ちるのは当たり前。自然の摂理である。
 そのため、精力減退の対策をしなければ、ずっと右肩下がりの状態が続く。

 

・絶倫を実現した高齢男性は実在する。
 日本には70代のAV男優が存在しており、本番を伴うAVに出演している。

 

絶倫を実現する方法は、精力を養う食事と運動を生活習慣に取り入れること。

 

 

 

加齢による男性ホルモンの減少

 

なぜ、男性の精力は減退してしまうのでしょう?

 

1番の原因は加齢です。
年齢と共に、身体能力は衰えますが、生殖機能も例外ではありません。
男性ホルモンの分泌量も減って性欲も落ちますし、勃起力も低下します。
率直に言って、精力減退は避けられない運命なのです。

 

しかし、現実に年60、70にして絶倫の男性もいます。
たとえば、高齢AV男優の先輩諸氏です。例を紹介しましょう。

 

AV男優の徳田重男さんは御年80歳。日本最高齢のAV男優として有名です。

70代最後のお仕事は老人ホームを舞台にしたAVで、女性介護士とムフフなことをする作品。
もちろん、本番を伴う作品で、ピストン運動もバッチリこなしています。驚くべき、精力絶倫ぶりですね。

 

また、『絶倫食』の著者である小泉武夫さんは、御年73歳。
東京農業大学の名誉教授で、前述の著書にて、精がつく食べ物・飲み物を紹介して話題になりました。

 

その他、歴史の偉人にも絶倫男性は存在します。
かの徳川家康は、人生50年の時代に、50代で5人、60代で3人の子供を作っています。
18人も子供を作った人物ですが、そのうち8人は50代を過ぎてから作った子供なのです。
漢方薬と薬草を自分で調合して滋養強壮剤を作るなど、かなりのこだわりを持っていたそう。

 

 

 

 

 

 

なぜ、精力維持が出来たのか?

 

結論を言うと、精力維持の秘訣は食や運動などの生活習慣です。
前述の高齢AV男優の先輩や歴史上の偉人も、食事や運動へのそれぞれのこだわりをお持ちでした。
高タンパク低脂肪を心がけ、筋トレをしたり、男性ホルモンを高めて生殖機能を向上させていました。

 

もちろん、このような手法によって、あなたも精力増強が可能です。
事実、筆者も精力減退の影響をまともに受けて諦めていました。
しかし、絶倫ライフスタイルを実践したことで、再び「朝勃ち」するようになったのです。

 

 

一般男性は精力維持を心がけて生きているわけではありません。
そのため、加齢の影響をまともに受け、精力が落ちてしまうのです。
精力が落ちる30歳以降は、対策をして当たり前と心がけましょう。

 

 

しかし、絶倫を実現するライフスタイルを実践すれば、
ゆっくりとではありますが、男性としての自信を取り戻せます。

 

 

当サイトの使い方

 

当サイトの絶倫を実現する方法では、さまざまな精力維持の手法を紹介します。
食事、運動、トレーニング等、なるべく精力剤に頼らずに絶倫を実現する方針です。

 

生活をガラッと変えるのは難しいですが、
無理なく食事法や運動法を取り入れます。
何週間が実践して、手応えを感じたら、より踏み込んでいく。
このようなイメージで取り組んで頂きたいのです。

 

絶倫になれるとっておきのネタを発信していきます。
もしよろしければ、お付き合い下さい。

 

次 精力減退の原因:加齢、食事、生活習慣のリスク

精力増強を実現する方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法