膣開発のための教材

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

【体験談】AV女優 北条麻妃の膣開発法の実践レポート

 

 

 

テキストで膣開発を学ぶことの難しさ

 

私が女性を中イキさせようと思い立ったとき、
インターネットや書籍から情報を集めました。

 

それらは膣開発をするのに、とても役に立ちました。
膣内の性感を育てたり、Gスポットを刺激したり・・・。
実際、パートナーからは「もっと研究して欲しい」とお褒めの言葉。

 

 

しかし、テキスト中心でインプットをしていたので、
どうしても効率が悪く、理解できないこともありました。

 

文章で読んだ時点では理解できるのですが、
いざ女性器を目の前にするとぎこちなくなる。

 

その翌日は一人反省会。
ネットや本を使って、情報を再度インプット。

 

直後の夜にリベンジするが、
上手くいく日とそうでない日がありました。
一歩進んで、半歩下がる、そんな修行の日が続きました。

 

 

もっとサクッと学べて、すぐに中イキさせる方法はないのか?
本音を言うと、イカせたいけど、情報を集めて習得するのは面倒臭い。
テキストを読んで、頭の中でイメージトレーニングをして、それを試す。

 

この試行錯誤が結構大変。
だいたいパートナーの身体でチャレンジをして、何度も失敗するのはダサ過ぎます。
もっとも効率的に膣開発をして、最短経路で中イキを実現できる男になりたい。

 

 

北条麻妃さんの膣開発法との出会い

 

そこで、私が手に入れたのが
「AV女優 北条麻妃が教える膣開発法」です。

 

AV女優の北条麻妃さんがご自身の中イキ体験談を踏まえて、
そのノウハウを動画で解説、男優と女優が実演するという教材。

 

この教材に出会えてからは、結果が出るのが早かった。
それまでの試行錯誤のプロセスをすっ飛ばすことが出来たのです。

 

 

さて、動画教材の感想を箇条書きでまとめると、以下の通り。

 

 

男優と女優による実演動画、女性器の模型を使って解説している。
 そのため、直感的に理解しやすい。手っ取り早く知識を吸収できるのが魅力。

 

 必要なことを、サクッと理解できるのだ。

 

 

専門性が高い内容。膣でイクことに特化しており、膣開発に必要な知識や手法が盛りだくさん。これでもか!これでもか!と言わんばかりに、大ネタのオンパレードでいちいち関心してしまった。

 

 

最大の特徴は、膣と脳をガッチリつなげるという視点です。
 膣はそもそも性感帯ではないので、脳は「気持ちいい」と解釈しません。
 この脳の解釈を、ある方法を用いて変えていくのが最大の売りでした(後術)。

 

 

・この教材でしか知ることのできない極秘情報が盛りだくさん。我々男性が想像しているより、膣内にはさまざまな性感帯があり、ポテンシャルがあることに驚いた。
 私が知る限り中イキに特化しているのは本教材のみで、よくぞこのテーマで作ってくれたと思う。

 

 

・通常のハウツー本はSEX全体を見渡すために書かれているので、やはり膣開発の情報は不足しているか、そもそも題材にしないのが大多数。そのため、膣開発という視点で教材を作ろうとする人たちがいることに関心した。

 

 

・実は、前戯から後戯までのフツーのSEXのやり方も解説している。
目からのウロコの大技が紹介されており、現在も必殺技として重宝している。

 

 

教材のボリュームは特大サイズ

 

すぐにパートナーを中イキさせることができのか?と言うと、そうではありません。
本教材のボリュームは分厚く、すべてを消化するのに筆者は3週間も必要としました。

 

特に高度な技術はないのですが、覚えることは多いです。
必死に消化しようとしている様は、パートナー曰く「修行僧」のようだったそう。
実際、私はこの教材を「男の修行」と呼びたいのです。内容を消化するのは時間がかかります。

 

教材の使い方は、見る→覚える→試す→もう1度見る→もう1度試す。これの繰り返し。
事前にパートナーに「君の膣を開発する」と告げていたので(笑)、何度も試行錯誤させて頂きました。
新しく覚える手法も多く、初めは不慣れでしたが、だんだんとパートナーの反応も安定してきました。

 

 

教材の最大の特徴は?

 

北条麻妃さんの膣開発法では、
膣壁を刺激したり、性感帯を開発しますが、
このような技術が中心になるのではありません。

 

この教材の最大の特徴は、
膣と脳を気持ちいいというコードで結ぶこと。

 

本来、膣内は性感帯ではありませんから、
脳は膣内を「気持ちいい」と解釈しません。

 

やみくもにピストンしたり、
Gスポットを刺激したとしても、
「膣=快感」にはならない。

 

 

北条麻妃の膣開発法の最大の特徴は、
ある方法を用いて、膣と脳を直結させることです。

 

ネタバレになるので、具体的なことは書けませんが、
ある方法によって女性の脳にアプローチをします。
この手法によって、膣と脳がガッチリ結ばれます。

 

この手法を行わずに膣内を刺激したとしても、
単に膣内をマッサージしているだけになるのです。

 

 

つまり、北条麻妃の膣開発法は、
以下の2つがセットになっています。

 

 

・適切な膣内刺激
・女性の脳へのアプローチ

 

 

 

この点が男性には分かりづらいのです。
ペニスは脳に直結しており、快感を得るのに苦労しません。
性器と脳がつながっていないという感覚は分からないですよね。

 

そのため、筆者はやみくもに膣壁をもんだり、Gスポットを刺激していました。
しかし、北条麻妃さんいわく「ピストン運動は開発にならない」とバッサリ。
考え方を180度転換する必要に迫られましたが、『やってやるぞ!』とがぜんやる気に。

 

 

ついにパートナーを中イキさせることに成功

 

教材購入から約3週間後、試行錯誤の結果、ついにパートナーが中イキしました。
ピストン運動中にその瞬間が来たのですが、20代前半の石原さとみ似の彼女が、

野性的な野太い声を上げ、失神!

 

肩を揺すっても目覚めないので、
「死んでしまったのか!?」
久々に焦ってしまいました。

 

もちろん、彼女は死んでおらず、
トローンとした目で目覚めました。

 

 

正直に話すと、実際に中イキするまでは手応えを感じず、半ば諦めていました。
そのため、その瞬間が来たときは、心の準備をしておらず、度肝を抜きましたね。

 

石原さとみ似の彼女がアニマルな声を上げて、腰をのけぞらせたのです。
達成感よりも、見てはいけないものを見てしまったというのが正直な感想(笑)。

 

余談ですが、AVで本当にオーガズムに達している女優は少数だと思います。
とてもカメラで映せるような姿ではありませんから。フツーに引きますよ。
パートナーが豹変する姿は強烈です。心の準備をしておいて下さい。

 

 

まとめ

 

中イキは自転車と同じで、一度コツをつかむと何度でもイケます。
事実、中イキの成功率が格段に上がり、セックスの質が底上げできました。

 

中イキできるようになって変化したことは以下の通りです。
(すべてパートナーの証言。筆者が聞き取りをしました)

 

  • 中イキ後、ブランコに乗っただけでイッてしまった。本当に驚いた。
  • お腹を押されるだけで感じるようになった。子宮が当たるからだと思う。
  • 中イキを繰り返した結果、膣内の感じる場所が明らかに広がった。
  • 膣がまるで別物になったよう。そこだけ付け替えたように思える。
  • うつ病が良くなった。SEXによるストレス解消の効果が格段に高まった。
  • これまでのSEXはなんだったのか?新しい世界が広がった。
 

 

 

正直、教材購入後の3週間は、修業期間でした。
例えるなら、転職をして、新しい仕事を必死に覚えている、あの感覚です。
しかし、辛かったわけではなく、男としての価値を高めている実感がありました。
専門性が高い教材なので、知識欲も満たされ、探究心のかたまりにもなっていました。

 

なにより、パートナーが日常生活で私に尽くしてくれるようになりました。
私が仕事で忙しくて家事をおろそかにしていると、彼女がやってくれます。
二人でいる時間が取れないと、LINEで「かまってよ」というメッセージが来ます。

 

以前は、筆者はあまりパートナーに尊敬されていませんでした。
友達なのか彼氏なのか分からない、そういう「友達彼氏」のよう。

 

 

しかし、SEXに一大変化が起きてからは、

筆者を一人の男性として尊敬してくれるようになりました。
筆者の男性「性」を認めてくれるようになったのですね。

 

この関係性の変化が一番の収穫です。
男としての自信が手に入ったので、
世界観がほんの少しだけ変わりました。

 

 

具体的には、最近オシャレを覚えました。
もう30歳手前なのもありますが、大人の服装のために服や靴を一式買いました。
昔は女性に気持ちよくしてもらうことしか考えていなかった男なのですが、
本教材がきっかけとなって「与える側になる」マインドに変化したのです。

 

たかだかセックスのことだったのに、
人間としての成長につながったのです。
なんだか背筋をピっと伸ばしたい、そんな心境。

 

 

ご興味がある方は、公式サイトの動画をご覧下さい。
この動画コンテンツだけでも知識を拾えますよ。

 

>>>AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

 

 

まだまだ、北条麻妃の膣開発法について知りたい方は、
「北条麻妃の膣開発法のレビュー」もお読み下さい。
教材の内容に、より踏み込んで書かせて頂きました。

 


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法