オナニーでイケる体位が決まる

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

脚ピンがイキやすい理由:踏ん張りやすい体位がオーガズムへ導く

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

 

■ざっくり言うと・・・

 

・男性諸君もオナニーでイクときに、
 脚をピンと突っ張ったり、お尻の穴をキュッと締めた経験があるはず。

 

・本オーガズムは性器周辺の筋肉が限界まで緊張して、一気にゆるむことで起きる。しかし、性器周辺の筋肉の緊張だけではイケないとき、太ももやお尻を踏ん張る。

 

つまり、太ももやお尻の筋肉を関与させることで、性器周辺の筋肉が力みやすいようにサポートしている。
 そのため「脚ピン」という現象が起きることがある。

 

・イキやすい姿勢は個人差が生じやすい。
 寝た姿勢を好む人、座る姿勢を好む人。
 これは思春期のオナニーのやり方によって、
 踏ん張りやすい姿勢が形成されるからである。

 

 

 

オーガズムは骨盤底筋群が主役

 

「オーガズムの正体」で解説したように、
オーガズムは筋肉の緊張と解放です。

 

全身、特に性器周辺の神経と筋肉が限界まで緊張していき、
あるときに限界を迎えて、パーンと弾けるように解放される。
イクと言うのは、筋肉がグッと緊張して、ゆるむことなのです。

 

とりわけ、性器周辺にある骨盤底筋が重要です。

 

骨盤底筋は膣をグルリと取り囲んでいる筋肉で、
女性のオーガズムはここを中心に起きています。

 

しかし、現実には、ほとんどの女性がこの筋肉だけではイケません。
骨盤底筋の筋量が足りない場合も多いですし、出産時には骨盤底筋がゆるみます。
そのため、女性がオーガズムを得るときは、無意識に他の筋肉にも力が入っています。

 

 

脚ピンが起きる理由

 

男性諸君もご経験があると思いますが、
自慰行為でイクときに脚をピンと張ったことがありませんか?

 

これは骨盤底筋の筋肉以外に、
太ももやお尻の筋肉を関与させて、
イクのに必要な緊張を調達しているのです。

 

簡単に言うと、踏ん張ることで、
性器周辺の筋肉を絞っているのです。

 

 

この踏ん張り方は個人差があります。

 

脚ピンをして太ももの筋肉を使いやすい人、
お尻の筋肉(肛門括約筋)を使いやすい人。

 

だいたいは思春期に身につけたオナニーによります。
座っている方がイキやすい、寝た体勢の方がイキやすい等、
男女ともにイクときに使う筋肉には「癖」があるのです。

 

 

体位の選択

 

理想は他の筋肉を関与させず、
骨盤底筋のみの緊張でイクことです。

 

しかし、現実にはいろいろな女性がいます。
骨盤底筋の筋量が足りない方、脚ピンする癖がある方など。

 

 

解決策はひとつ。
イキやすい体位でSEXすることです。

 

屈曲位や寝バックなど、
脚ピンしやすい体位を選ぶのです。

 

他の体位でプレイしても構いませんが、
それとは別に「イカせる体位」を慎重に選びましょう。
女性が「イキたい」と思ったときに踏ん張ることが出来るからです。

 

 

その他、パートナーと性について話し合える場合は、
骨盤底筋についてレクチャーすることもできます。

 

具体的には、自慰の際に、他の筋肉の関与を控えるように伝えましょう。
「お尻の筋肉(肛門括約筋)」⇒「太もも」⇒「ふくらはぎ」の順に関与しやすいです。

 

そのため、「ふくらはぎ⇒太もも⇒お尻」の順番に力を抜くように意識します。
繰り返し訓練することで、時間はかかりますが、骨盤底筋の力だけでイケるようになります。
(より直接的な方法を望むのであれば、ケーゲル体操で骨盤底筋を鍛える方法もあります)。

 

⇒ 初心者はクリトリス愛撫でオーガズムへ導こう

 

特集記事

 


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法