避妊の失敗

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

知っておきたい避妊の失敗例

 

 

 

100%の避妊法はない

 

大前提として覚えておくべきなのは100%の避妊法はない、ということです。パイプカット-男性の睾丸から精嚢への管を手術で閉鎖する手術-をしても、ごくまれに失敗するというのですから、100%の避妊は存在しません。

 

一般的な避妊法であるコンドームの成功率は95%。
失敗した5%は、コンドームの破損、脱落であると考えられます。つまり、保存法と付け方に問題があるのです。
コンドームの正しいつけ方は、【動画】コンドームの正しいつけ方に譲りますが、失敗を前提に考えるべきです。

 

 

理由は簡単で、人間はミスをする生き物だからです。「コンドームの付け方なんて簡単だ♪」というように慢心していると事故を起こします。確実にリスクヘッジをするには、失敗を前提に考えましょう。具体的には、シャワーから出た段階で、コンドームを付けましょう。女性がシャワーを浴びている間なら、ゆっくり装着できますね?挿入前に、あわてて付けるやり方では、いつか事故を起こします。

 

また、「なんとなく」コンドームを付けている方は、【動画】コンドームの正しいつけ方をご覧下さい。案外、正しいつけ方は一般に浸透していません。動画を見て、一人で付ける練習をしましょう。

 

ピルが失敗するとき

 

ピルは、コンドームより避妊効果が高いと言われています。避妊成功率は約99.9%という研究結果があり、ほぼ確実と言えます。そもそも、ピルは女性を妊娠と同じ状態にして、排卵を防ぎます。

 

しかし、ピルによる避妊も失敗することがあります。原因は、誤った服用法などのヒューマンエラー。具体的には、飲み始めが生理の初日ではなかった、飲み忘れにより36時間以上服用間隔があいた場合、服用後4時間以内に嘔吐や下痢が現れた場合(ピルの成分が排出されたとき)、相互作用のある薬を服用している場合、休薬期間が8日以上になった場合、分娩後最初の月経が始まる前にピルの服用を始めた場合などが挙げられます。すべて人間によるミスですね。

 

ここでも、失敗を前提に考えておきましょう。具体的には、女性がミスをする前提で「コンドーム+ピル」による二重の避妊をするのです。ここまでやれば、避妊成功率はかなり向上するはずです。

 

避妊に失敗した場合の対処法

 

コンドームが破れてしまい、膣内にて射精した場合は、モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)を使用しましょう。緊急避妊ピルとは、プリベンという緊急避妊薬や中容量ピルなど、多量の女性ホルモンを摂取することで強制的に女性を妊娠した状態にします。これによって、排卵を防げるのです。

 

 

服用法は、避妊失敗後72時間以内に服用し、その12時間後に再び服用します。ほぼ100%妊娠を防ぐことが出来ます(まれに失敗することもあります)。ただし、副作用が発生する場合があり、一時的に気持ち悪くなったり、吐くこともあります。頭痛やめまい、腹痛が起きる場合もあります。

 

避妊失敗時には、医師に相談することをオススメします。また、最低72時間以内の服用となっていますが、早ければ早いほど、避妊の効果を高めることが出来ます。早急な服用と相談が重要です。

 

後悔しない避妊の方法 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法