言葉責めの例文

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

女性が興奮する言葉責めのやり方

 

 

 

無言のSEXはあり得ません。初心者は集中するあまり、無言になりがちですが、SEXはコミュニケーションです。

 

あまりに喋られても行為に集中できなくなりますから、必要最低限度の言葉を心がけましょう。また、言葉責めという言葉にはセクシャルなニュアンスがありますが、淫らな言葉で燃える女性は稀です。M女でない限り逆効果です。

 

ごく普通の女の子が「こんなに濡れてるよ、だらしない●●●だな〜」と言われて燃えるでしょうか?僕も多くの女性に聞いてみましたが、変態M女以外には「不愉快」「聞いているだけ、腹が立つ」と、さんざんなご感想でした。そこで提案するのが「ソフトな言葉責め」です。

 

例文つき ソフト言葉責め

 

平たく言えば、女性がウットリするような言葉をかけるということです。女性の容姿を褒める、愛情を伝えるということをコンセプトに甘い言葉をかけます。このような言葉によって、心理的興奮が高まり、女性の性感も活性化することでしょう。また、愛情溢れるSEXとなり、癒しをもたらしてくれるでしょう。

 

■ソフト言葉責めの例文


●「きれいだね」「かわいいね」
●「おっぱい、柔らかいね」「形のきれいなおっぱいだね」
●「肌がきれいだね」「くびれが素晴らしい」「身体の線が本当にキレイだね」
●「脚細いね」「脚の線がキレイだね」「ウットリする脚だ」「お尻の形が良いね」

※単に「かわいいね」「きれいね」を繰り返していれば嘘っぽくなります。したがって、具体的に「くびれが」「おっぱいが」「脚が」と限定する形で褒めましょう。


■お互いの意思確認の言葉


●「(女性の愛撫が)気持ちいい」「そこ、こうしてくれないか?」「そこが良い」
●「(男性の愛撫に対して)気持ちいい?(と聞く)」「痛くない?」「怖くない?」

※お互いの愛撫が気持ちよいのかを確認する言葉も重要です。単なる確認だけではなく、お互いの円滑なコミュニケーションを実現します。ただし、質問責めはよくありません。あくまで必要最低限で、女性の反応を伺う努力をしましょう。

 

 

 

 

例文つき M女への言葉責め

 

M女への変態的な言葉責めについても触れておきます。SMで交わされるような言葉なので、変態同士なら、非常に有効な言葉でしょう。以下に、例文として、淫語やサディスティックな言葉を紹介しました。

 

■攻撃系


●「こんなに濡れてるよ」「だらしないマ○コだな」「太ももから垂れてきてるよ」「乳首が立ってきたよ」「お前の頭はエロいことばかり、本当はここで考えているんだろ」「ここは何て言うのか言ってみろ?」「スケベな女だな」


■SとMの主従関係をハッキリさせる

●「誰が脚閉じて良いって言った」「お前だけ気持ちよくなっていいのか」「こんなになって俺がいなくなったらどうするの?」「〜して欲しいならお願いしろ」


■焦らし系

●「そんなこと言うなら、本当にやめちゃうよ」「あたしはスケベな女ですって言わないとやめちゃうぞ」「どうして欲しい?・・・それはダメだな、でも〜したらいいぞ」

 

ポイントは、攻撃系の言葉責めでM世界へと誘導し、主従関係をはっきりさせる言葉でM世界に突き落とす。その後、焦らし系でM世界を堪能してもらうという使い分けをします。読んでわかる通り、フツーの女の子にこんな言葉を使ってはいけません。あくまでハードプレイを好む者同士で使いましょう。

イカせるための基礎知識 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法