セックスのバック体位

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

後背位のやり方とテクニックのまとめ

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

<イラスト挿入位置>

 

やり方

 

後背位、いわゆる「バック」が大好きな男性も多いでしょう。実は、騎乗位は「深い挿入」がしやすい体位です。

 

そのため、角度を付ければGスポット刺激も容易で、ポルチオにも届きやすいです。短小の方には特にオススメですが、巨根の方の場合は、痛がることも珍しくありません。

 

やり方は簡単。女性がよつんばいになって、男性が膝立ちで挿入する。この際に、女性が前傾姿勢になって、お尻を突き上げるようにすると、男性側の挿入もスムーズです。

 

テクニック

 

■引き付け「「後背位」

 

女性の片腕を掴んで、こちらに引き付けることで、より深い挿入が出来ます。アダルトビデオでもよく見るシーンですね。ただし、両腕をひきつけると、さすがにバランスを崩すのでやめましょう。このテクニックでポルチオにペニスが届きやすくなり、また、短小の方でも角度によってはGスポットを狙えます。

 

■乳首愛撫「後背位」

 

文字通り、乳首を愛撫しながらバックをします。乳房を優しくつかみ、親指と人差し指で乳首を軽くはさみます。あとは、ピストン運動をするだけで、自然に指が振動して、乳首をバイブできます。間違っても、力を入れすぎないこと。力が入り過ぎる場合は、力が入りづらい中指と薬指ではさみましょう。

 

■うつぶせ「後背位」

 

女性がうつぶせになり、男性が覆いかぶさってするバック。こちらもアダルトビデオで見かける体位ですね。激しいピストン運動には不向きですが、男性の体重で、女性はクリトリスがこすれます。いわゆる「床オナニー」の状態です。動作がゆっくりなので、休憩のためにこの体位を用いるのも有効です。

 

■立ち「後背位」(立ちバック)

 

四十八手では「後櫓(うしろやぐら)」と言われる、立ちバック。アダルトビデオでよく見かけますね。こちらは女性によって難しい場合があります。身長の問題もありますが、上つきの女性は腰を突き上げないと難しいです。一方、下付きの女性は比較的容易に挿入が可能です。個人差によって出来ない場合があるので無理強いはやめましょう。男性のエゴをぶつけると女性は傷ついてしまうからです。

 

お互いの身長差によってはGスポットを上手く刺激できるかもしれませんが、女性の体力を消耗することもあるので、あくまでスパイス的なテクニックです。オススメなのは、ホテルの鏡の前ですることです。
「ハメ撮り」系のAVでよくあるシーンで、女性が洗面台に両手をついて、男性がピストン運動をします。女性は鏡に映った自分の姿を見ざるをえないので、一種の羞恥プレイになるので燃え上がります。

セックスの体位 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法