正常位の方法を解説

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

正常位のやり方とテクニックのまとめ

 

 

 

<イラスト挿入位置>

 

やり方

 

正常位は、女性側のメリットが多い体位です。女性はベッドに体重を預けられて「楽」なので、快感に集中できます。

 

また、お互いの顔を見られるという点でも、女性の心理的な充実感が大きいです。その他、両手が空いているので、愛撫もでき、バイブを使ったテクニックもあります(後述)。

 

やり方としては、男性は軽く足を開き、膝立ちとなります。ペニスを女性の愛液で濡らして、膣口へと挿入。この際、前傾姿勢となって、体重をかけるとスムーズに入ります。

 

動き方は、腰の筋肉を使って、前後運動をします。意外に大切なのが、呼吸。一定のリズムの呼吸を意識することで、早漏が予防されると共に、体力の消耗も防げます。

 

 

ちなみに、下つきの女性の場合、挿入がスムーズにいかないこともあります。この場合は、女性の脚をさらに広げて、腰を浮かせるようにします。枕やクッションを女性の腰の下に挿入する腰高正常位もオススメです(後述)。その他、ペニスのサイズに自信がない方は、女性の腰をガッチリつかんでホールドします。こうすることでペニスが抜けづらくなるので、安定したストロークが可能になります。

 

一方、巨根男性の場合、ペニスが入り切らない場合があります。この場合は、男性の腰を落とす位置を調整して挿入度を加減するか、上半身を密着させることで腰を浮かすと、挿入が浅くなります。後者は肌の密着度が高まるので、巨根でなくてもオススメ。スキンシップ重視なので、女性は喜びますよ。

 

 

 

 

 

テクニック

 

■バイブ正常位(電マ正常位)

 

両手が空くのでクリトリスを愛撫するのがオススメです。指をクリトリスに充てて、そのままピストン運動をします。こうすることにより、自然とクリトリスが愛撫されます。また、バイブを併用した正常位は最高のテクニックです。片手でバイブ(電マ)を握り、クリトリスに充てながらピストン運動をします。これだけで非常に効果が高いので、オススメです。大人のおもちゃをお持ちの方はぜひトライしてみましょう。

 

■腰高正常位

 

女性の腰の下に枕やクッションを挿入して、女性の腰の位置を高くします。こうすることで、挿入が深くなるので、ポルチオ性感帯の刺激が容易になります。そのため、経産婦やポルチオの開発が進んでいる女性には、特に有効です。また、枕を2つ、3つと増やすと、挿入角度の調整が可能になるので、ペニスのサイズが小さい方でも、Gスポットを狙えるようになります。代表的な正常位テクニックです。

 

■膣締め正常位

 

こちらは男性が気持ちよくなれるテクニックです。正常位の時に、女性がひざを曲げ、かかとを突き出します。「ひざを曲げる」「かかとを突き出す」ことで、内ももの筋肉に自然に力が入り、膣の締まりがきつくなります。女性の締まりが悪い場合には、この体位に、それとなく誘導しましょう。また、射精をコントロールしたい場合(ラブホテルの休憩時間が間もなく終了するなど)にも使えるテクニックです。

 

■密着正常位

 

男性が女性に覆いかぶさるような正常位です。前述の通り、挿入角度が浅くなるので、巨根の方でもピストン運動が出来ます。また、男女の密着感があるので、スキンシップ効果があり、キスをしながらピストン運動をすると燃えるでしょう。同様に、見つめ合いながらの正常位も二人を熱くするでしょう。

 

■おまけ:乳寄せ正常位

 

「乳寄せ正常位」は、僕が命名した正常位です。こんな言葉はありません。やり方は簡単。女性の両 腕を持って、おっぱいを寄せます。そうすると、おっぱいがふっくらとして燃えます(笑)。AVでもお馴染みのシーンですね。応用として、正常位パイズリもあります。女性に寄せてもらい、そこでピストン運動をすると気持ちいです。女性の胸をより楽しみたい方は、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

セックスの体位 カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法