手マンのテクニック

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

快感を与える手マンのやり方

 

 

 

AVが生んだ誤った「手マン」観

 

手マンというと、アダルトビデオのように男優が指を激しくダシイレしているのを想像するでしょう。もはや定番のシーンですが、単なる指の出し入れでは女性は満足しません。

 

そもそも、手マンで「出し入れ」は必要はありません。なぜなら、「出し入れ」はペニスの役割であって、指と役割ではないからです。アダルトビデオではモザイクがかかっているので、単純な「出し入れ」に見えているだけです。

 

実際は、男優さんは的確にポイントを刺激している場合が多いそうです。もちろん、そうでない男優さんもいますが、ここではアダルトビデオの手マンをきっぱり忘れて下さい。

 

実は、膣はあまり感じない

 

さて、具体的な手マンのやり方について勉強しましょう。男優さんのなかには的確にポイントを刺激している・・・と前述しましたが、手マンにおける的確なポイントとは以下の2つだけです。

 

(1)膣の入り口(=膣口) (2)Gスポット(=膣前壁)

 

基本的には、この2つ以外に膣の性感帯はありません。当サイトで何度も繰り返していますが、膣は神経がほとんどないので鈍感です。膣自体はほとんど感じないのです。したがって、指の出し入れはあまり意味がありません。また、次項で述べますが、ピストン運動のヌキサシもあまり意味がありません(Gスポットとポルチオを除いて)。意外ですが、もし膣に神経が集中していたら、女性は子どもを産むことが出来ませんね。膣は「鈍感」と知ることが第一歩です。

 

具体的な手マンのやり方

 

さて、前述の通り、膣で感じるのは基本的には2つだけです。この2つを指で刺激することになりますが、挿入する指は何本が良いのでしょう?結論から言えば「1本」です。

 

手マンの快感は挿入されるものの「太さ」にあるのではなく、指の繊細な動きと的確な刺激にあるからです。つまり、2本、3本挿入した方が良い根拠はありません。ということで「利き手の中指を1本挿入する」方法がオススメ。

 

中指を挿入する理由は、単純に人間の指の中で1番長いからで、膣の奥にあるポルチオを刺激する際に便利です。

 


 

(1)膣の入り口(=膣口)

 

実は、性器に露出しているクリトリス(=いわゆる「豆」)はクリトリスの一部です。詳細は次ページに譲りますが、クリトリスの大部分は膣の左右に埋め込まれています。つまり、クリトリスには「外クリトリス」と「内クリトリス」が存在するのです。しかも、外は全体の3%で、内が全体の97%を占めています(クリトリス勃起がしている場合)。この「内クリトリス」が存在するのが、膣の入り口付近なのです。したがって、膣の入り口は、膣の愛撫への入り口と言えるのです。

 

(1)まず、中指か人差し指の腹の部分で、優しく入り口部分を撫でまわします。

 

(2)指を挿入する深さは、指が膣内に埋没しそうになるギリギリが丁度いいです。

 

(3)膣の入り口の浅い部分(=Gスポットの手前)に指をゆっくり挿入する。

 

(4)指をフックのように軽く曲げ、膣の上側をツボ押しのように指圧する。

 


 

 

 

 

(2)Gスポット(=膣前壁)

 

ご存じ「Gスポット」。膣のいわゆる「天井部分」で、おへそを時計の12時方向とするなら、おおよそ1時から11時の範囲に存在します。ザラザラしており、猫の舌のようです。医学的には「膣ヒダ」と言われるもので、ペニスのカリに接触することで、より快感を高めてくれるのです。

 

さて、このGスポットですが、一般的には表面ではなく、膣壁に埋め込まれていると言われています。確かに、表面を撫でるだけでも気持ちいいという女性もいますが、基本的には「圧」をかけることが大切です。膣壁の内側にあるGスポットに「圧」を届けるイメージで指で押します。

 

 

(1)指を挿入し、おおよそ1時から11時の方向に、ザラザラした面を探す。

 

(2)指の腹でザラザラを円を描くように撫でる。強弱をつけるとなおよい。

 

(3)指の腹でツボ押しのように「圧」っする。こちらも強弱をつけるとよい。

 

ただし、このGスポット、学者によっては「存在しない」という向きもあるそうです。また、快感についても「膣の中から膀胱を刺激することで快感を得ている」という意見から、「神経が集中している単なる性感帯である」という意見まで、実に多種多様です。また、Gスポットの場所についても、ザラザラした部分ではなく、ザラザラした部分のちょっと奥に存在する女性もいるそうです。

 

つまり、Gスポットについて「一般的にこうです」とまとめるのは難しいのです。したがって、手マンをする際も、この点を考慮して下さい。相手のポイントを見つけ出した時は嬉しいですよ。

 

可能な限りクリトリスを刺激しよう

 

以上、手マン(=膣内の愛撫)について解説しました。この2つの刺激だけでも女性は満足しますが、プラスアルファをお教えします。前期の2つを刺激しながら、クリトリスを刺激します。いわゆる「2か所攻め」です。初心者の頃は、手マンだけで精一杯かもしれませんが、余裕が生まれたら、クリトリス愛撫もしましょう。単純なテクニックですが、性的快感を高めることが出来ます。

 

 

■速習!ハウツーセックス講座 ⇒ (13)クンニのやり方とテクニックのまとめ

速習!ハウツーセックス講座


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法