キスのやり方

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

キスはセックスの入り口である

 

 

 

男性にとってキスは単なる通過点に思いがちですが、前戯において重視するべきはキスです。近年の性科学の研究によって、キスには女性を性的に興奮させる仕組みがふんだんに盛り込まれているのです。

 

その仕組みとは、(1)唇そのものが性感帯であること(2)快感ホルモンのエンドルフィンやドーパミンが分泌されること(3)男性の唾液には、性欲ホルモンであるテストステロンが含まれていることの3つになります。

 

キスがセックスの入り口である理由

 

(1)唇そのものが性感帯であることは、唇や舌には「マイスナー小体」と言われる感覚器官が多く分布しているからです。マイスナー小体は生殖器にも分布している感覚器官で、キスをするということは性器を愛撫していることとかなり似ているのです。意外ですね。つまり、キスをするということ立派な愛撫のひとつなのです。キスだけで濡れる女性がいるのも納得ですね。

 

(2)快感ホルモンのエンドルフィンやドーパミンが分泌されることもわかっています。これらのホルモンにより、愛し合う男女がキスをすると、ロマンチックな幸福感とセクシャルな興奮が生まれるのです。つまり、精神的快楽。じっくりキスをすることで、女性の脳内はウットリするのです。

 

(3)男性の唾液に含まれるテストステロンですが、これがキスとセックスが結びつく最大の理由です。男性の唾液には、テストステロンと呼ばれる性欲を高めるホルモンが微量に含まれています。キスをすることで、これが女性の口に入り、女性のテストステロン値が上昇します。これにより女性の性欲が高まるのです。ディープキスが興奮を高めるのも、このためかもしれません。

 

 

極めつけは、キスによって分泌される「オキシトシン」です。このオキシトシンが大量に分泌されると、子宮を収縮させるのです。同時に膣も収縮するので、オーガズムが得られやすくなるのです。 つまり、キスはセックスのための多種多様な生物学的反応を呼び起こすのです。

 

これらの科学的根拠を知れば、男性もキスを軽視することは出来なくなるでしょう。なぜ女性がキスにこだわるのかも、お分かり頂けたでしょう。重要な行為だったのです。さて、どのようなキスが女性を興奮させるのでしょうか?以下で具体的なキスのやり方について勉強しましょう。

 

 

 

 

性欲を高めるキスのやり方

 

めちゃくちゃなことを言えば、キスのやり方に、決まった方法はありません。その場の興奮に任せてやるのも一興です。しかし、ここでは敢えて、具体的にはキスのやり方をご紹介します。

 

(1)目を合わせる。見つめ合ったままのキスによりロマンチックな雰囲気を演出します。

 

(2)まずはフレンチキス。軽く唇を合わせます。舌はまだ入れないようにしましょう。

 

(3)唇を離して、もう一度見つめ合います。ここで二人の距離がグッと縮めるイメージ。

 

(4)もう一度軽く、唇を合わせ、下唇を舐めます。

 

(5)相手の下唇を自分の唇ではさみます。

 

(6)その後、舌を入れて、相手の舌を舐める。

 

(7)相手の舌の上側、下側を舐める。

 

(8)その後は、軽いキス、ディープキスを交互に行う。

 

このような方法で行ってはどうでしょうか?この方法が絶対の正解ではないですが、読んでいるだけで官能的ですよね(笑)。その他、口の上側には神経が集まっているので「口の性感帯」です。友人のカップルはここを舐めすぎて、彼女が出血したそうですが、ソフトにやる分には気持ちいいですよ。以上、簡単に触れましたが、自分でいろいろなキスを研究してみましょう。

 

■速習!ハウツーセックス講座 ⇒ (7)性感帯を活性化する前戯の考え方

速習!ハウツーセックス講座


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法