女性の性感帯の場所

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

女性の性感帯の場所と探し方

 

   【無料ビデオ】たった5分のピストン運動で女性を中でイカせる方法とは?

 

 

性感帯の場所

 

一般的に、性感帯があるのは神経が集まる場所です。例えば、「太ももの裏側」は神経が集まっており、指でなぞるだけでのけぞる女性もいます。僕も女性にここを愛撫されるとたまりません。このように神経の集まるところは敏感な傾向があります。この基準に照らし合わせると意外な事実が浮かび上がります。実は、おっぱいは乳首をのぞいて性感帯ではないのです。

 

おっぱいは99%皮下脂肪で出来ています。つまり、脂肪のかたまりです。同様に、お尻も脂肪のかたまりですから性感帯ではありません。それでは、おっぱいをモミモミすることは無意味なのでしょうか?答えは「NO」です。女性は男性におっぱいを愛撫されることで「ドキドキ感」「愛されている感」を得ます。簡単に言えば精神的に興奮して、気持ちが盛り上がってくるのです。

 

つまり、おっぱいは「心の性感帯」なのです。したがって、積極的に時間をかけて愛撫しましょう。特に、前半戦で集中して愛撫すると、興奮が起こり、中盤・後半へと繋がりやすいです。同様に、キスも「心の性感帯」で性的快感はありませんが、精神的興奮はかなり多いです。キスと興奮については他ページに譲りますが、「肉体の性感帯」と「心の性感帯」の2つがあることを覚えておきましょう。 女性の心が整って初めて、肉体(=性感帯)は感じだすからです。

 

女性によって性感帯は異なる

 

前段の内容をひるがえすようですが、性感帯は女性によって異なります。一般的には、神経が集まるところなのですが、個人差が大きくあります。

 

「乳首を愛撫すると、A子は感じるのに、B子はまったく感じない」ということが当然のことのように起こります。戸惑った経験のある方もいるはずです。 

 

つまり、知識だけで性感帯を把握するのではなく、女性固有の性感帯を探す必要があります。

 

 

こればかりは個体差なので仕方ありません。乳首がすごく感じる女性、足の裏がすごく感じる女性(本当にいる!)、背中を愛撫されるとたまらない女性・・・などなど、女性によって感じるポイントは異なります。冷静に考えれば、我われ男性の身体も同じで、性感帯は異なりますね。

 

例えば、私の場合は、わきの下がすごく感じます。太ももの裏側も愛撫されると電撃が走るようです。充実したセックスのためには、相手の女性の性感帯を探し当てなくてはなりません。

 

性感帯の探し方、見極め方

 

それでは、その女性固有の性感帯を探すにはどうすれば良いのでしょうか?結論から言えば、「相手を観察する」「直接聞く」の2つしかありません。前者は愛撫の際に相手を観察して反応をうかがうこと、後者は聞くというより「上手に聞き出す」ことです。前者から触れましょう。観察の極意について、AV男優の加藤鷹さんの言葉を引用します。以下は、かなり重要です。


例えば、クンニをしているとき、あなたは相手の女性のどこを見ているだろうか?もし、目をつぶって舌先に神経を集中していたり、クリトリスやヴァギナのあたりだけを見ているとしたら、あなたは「観察力ナシ」のオスである。

<中略>僕は、取材などで、女優さんの股間について「どうだった?」みたいなことを聞かれることがあるんだけど、ほとんど見ていないから、答えられない。僕は、セックスの間、女性の股間よりも見ているものがあるから!

さて、一体クンニのときに、男はどうするべきなのか。まず、クンニをしながら、顔をちょっと上げて、女性の顔を見る。そして、自分の目と女性の顔を結ぶ直線ラインに視点を移してみるのだ。たったそうするだけでも、そのライン上に無数の情報源があることに気づくはずだ。

自分の目と女性の顔を結ぶラインの間には、 胸やお腹がある。まずは、この胸とお腹の動きを観察することで、女性がどんなふうに変化しているのかがわかる。本当に気持ちがよければ、お腹がひくひくと動いている。胸で浅く呼吸していたのが、だんだん深くなり、腹式の深い呼吸へと変わってくるのだ。

首筋もものすごい情報源だ。感じ始めると、次第に力が入って筋張(すじ)ってくる。そして、もちろん、表情も顔色も変わってくる。


加藤鷹 エリートセックス (幻冬舎新書) P22、P23より引用

 

このように、加藤鷹さんは「観察」することで女性が本当に感じているのかどうか見極めることを説いています。これは性感帯を探り当てることだけではなく、セックス全体を通して、いや、コミュニケーション全般において重要なことだと本書で説いておられます。つまり、相手の女性のいろいろなところを愛撫し、そのたびによくよく観察してみる。そうすることで、女性本人ですら気づかなった性感帯が見つかるかもしれません。まるで「宝探し」ですね。

 

しかし、「観察力」は一朝一夕では身に付きません。そこで、あまりオススメしませんが「直接聞く」という方法についても考えてみましょう。例えば、「気持ちいい?」と聞くのはNG。まったく感じていなくても、あなたを傷つけないよう「気持ちいいよ」と答える場合がほとんどだからです。したがって、「言い出しやすいよう、普段からコミュニケーションを取ること」が大事です。

 

 

これも本書で紹介されている方法ですが、加藤鷹さん曰く「自分から感想をいうことが大切」です。具体的には、女性が愛撫している際に「気持ちいい」「おっぱいが綺麗」と言葉でコミュニケーションをしていれば、彼女も自然に同様のコミュニケーションをするようになるのです。これには僕も納得です。相手がどう思っているか分からない状態で、顔色を伺いながらセックスするのは不自然です。男性側から「それ、痛い」「ここが気持ちいい」と率先して伝えていれば、正直なコミュニケーションの空気ができるのです。正直に言い合える環境作りが大事なのです。

 

まとめれば、初めは、一般的な性感帯を<試しに>愛撫します。もちろん、観察をしながら、言葉でコミュニケーションをしながら、です。これにより、いずれは彼女の急所ともいえる性感帯が見つかるでしょう。もちろん、時間は掛かりますが、このような取り組み自体が愛を育むのです。

 

■速習!ハウツーセックス講座 ⇒ (6)キスはセックスの入り口である

 

速習!ハウツーセックス講座


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法