クリトリスを刺激するピストン運動

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

女性をイカせるピストン運動の方法

 

 

 

「クリトリスは3%しか使われていない」でお話した通り、クリトリスの97%は膣の内部に存在しています。女性器の「豆」はクリトリス全体の3%で、クリトリスの大部分は膣の左右に存在します。ここを刺激するには、

 

「ペニスを膣の根本までしっかり挿入し、男性のアソコを女性のアソコにこすりつけるピストン運動」が大変有効です。具体的な方法を見ていきましょう。

 

 

通常、ピストン運動と聞くとアダルトビデオのような「ヌキサシ」を想像しますね。残念なことに、「ヌキサシ」ではあまり女性は感じません。膣内部の「クリトリス組織」にあまり刺激が伝わらないからです。しかし、ペニスを根本までしっかり挿入し、膣の外陰部を圧するようにピストン運動をすると「クリトリス組織」に快感が伝わります。なぜなら、「クリトリス組織」は「外陰部」に面しているからです。つまり、「膣の外陰部」全体をツボ押しのように圧迫されることで「クリトリス組織」にも刺激が伝わるのです。「肩もみ」や「ツボ押し」の気持ちよさと似ていますね。

 

(※外陰部とは、性器が「外」に露出した部分。つまり、男性が「おま●こ」と呼んでいる部分)

 

つまり、ポイントになるのは「男性のペニスの根本と恥骨」を『女性器の外陰部』に密着させることです。密着状態でのピストン運動により、「クリトリス組織」への刺激はもちろん、「クリトリスの豆」を含めた外陰部全体が刺激されるのです。以下、このピストン運動の方法と手順です。

 

 

(1)まず膣内にペニスを根本まで挿入します。中途半端ではなく、「根本まで」です。

 

(2)「男性の恥骨(ペニスの付け根の上あたり)」や「ペニスの根本」で、
   女性の「外陰部全体」を強く押しつける。外陰部同士の「密着」を意識する。

 

(3)こすりつけるように腰を前後に動かします。ヘアがすりきれるくらいに!

 

 

 

 

 

「オシオシ」と「モミモミ」を説く、山村不二夫先生

 

実は、この方法は私が考案した方法・・・ではなく、性技の権威である山村不二夫先生が考案したピストン運動の方法です。初めて名前を聞く方も多いでしょうが、一世代の前の「性科学の権威」として有名な方です(後述)。

 

山村先生は前述のピストン運動を「オシオシ」「モミモミ」と表現されました。女性の外陰部をオシオシするということです。このピストン運動法が示すことに、早漏・短小はさして問題ではないということです。これが大きいのです。

 

従来のヌキサシ型のピストン運動では、ペニスに対する刺激が大きく、早漏の男性には酷なものです。また、短小の方は「奥まで」入らないといけないと思い込んでいますが、圧迫がメインなので、そもそも問題になりません。

 

しかし、何と言っても女性のオーガズムの発生源は、クリトリスを中心としたクリトリス組織やクリトリス神経やクリトリス神経叢<しんけいのう>、及び外陰部(陰阜<いんぷ>より会陰肛門まで)全体です。

そこを「オシオシ」「モミモミ」することで、女性はもっとも快感を覚え、オーガズムへも達しやすいのです。

つまり、女性はペニスの抽送<ヌキサシのこと>で膣壁をこすられるよりも、ペニスを根本までしっかり膣に納めたまま、外陰部全体を男性の恥骨やペニスの根本に強く押し付けながら、こすりつけるように腰を前後に揺すり動かすほうが感じやすいのです。<中略>物理的に言って、前後のこすりつけと揺すりが体に一番楽で、腰を大きく激しく水平に動かして長時間続けられます。女性にとって上下動は重労働です。


山村不二夫『性技実践講座」P14 河出i文庫(※文章中の< >のふりがな及び補足は管理人による記載。)

 

 

ちなみに、山村先生は大正11年生まれ(西暦1922年!)、名門私立大学を卒業後、名家の婿養子となって以来、性の探求を始めました。セックスメートと呼ばれるカウンセラーオフィスを開き、数多くの夫婦に「無料電話相談」「無料『実技』相談」を行ってきた実践的な人物です。

 

当時の夫婦交際誌「ホームメート」にて連載していた「性の悩み相談」は大変な好評を博し、当時は著名な性科学者でありました。残念ながらすでに他界されていますが、性知識を広めただけではなく、日本でスワッピング文化を定着させた功績などもあり、性科学の分野で有名です。

 

私が自分のセックスに手応えを感じるようになったのは山村先生の本を読み、「オシオシ」「モミモミ」を意識してからでした。皆さんも、ダマされたと思って今夜から実践しましょう。Gスポットやポルチオうんぬんよりも、まずは「オシオシ」と「モミモミ」から始めてみるのをオススメします。

 

 

クリトリスに対する誤解が解けた方も少なくないでしょう。私も初めて読んだときは驚きました。次項では、膣の性感帯の誤解について触れてみます。

 

■速習!ハウツーセックス講座 ⇒ (3)膣内の性感帯のウソと本当とは

速習!ハウツーセックス講座


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法