早漏,セックス

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

早漏のためのセックステクニック

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

 極端な早漏でない限り、テクニックでカバーできます。

 

 極端と言うのは、挿れる前に射精するほどの早漏。

 

 3分しか持たない、5分しか持たないという方なら、

 

 テクニックで早漏を克服することは可能なのです。

 

 まずは、自分のピストン運動を思い出して下さい。

 

 

 早漏で悩んでいる方のお話を聞くと、ほとんど例外なくピストン運動が早すぎるのです。

 

 AVのようなピストン運動はNG。訓練されてない限り、あの動きなら誰でも早漏になります。

 

 実際、某AV監督のお話によると、若手のAV男優には早漏で悩んでいる人が多いそうです。

 

 一般の男性がAVのようなスピード感あるピストンでは早漏になるのがおわかり頂けますね。

 

 つまり、早漏で悩んでいる方には、実際"機能的には早漏ではない"方もいるのです。
 


 

 それでは、具体的にどれぐらいのスピードでピストン運動をすると良いのでしょうか?

 

 挿入するのに30秒から1分、ピストン運動のテンポは往復で2〜3秒ぐらいが目安。

 

 自分でも驚くほどにゆっくりと動いて下さい。AVをスロー再生するぐらいで本当に結構です。

 

 

 実はこの「ゆっくりピストン」は早漏対策だけではなく、実践的なセックステクニックなのです。

 

 理由は至極簡単、これぐらいゆっくりピストン運動を行わないと女性が痛いからです。

 

 つまり、「ゆっくりピストン」によって男性は早漏対策になり、女性は性交痛を軽減出来ます。

 

 

 また、イキそうになったら、休んでもOK。具体的には、会話や愛撫をしながら休みます。

 

 ピンチになったらテンポを落として、おっぱいの愛撫をしながら「可愛いよ」と囁きましょう。

 

 女性の快感は挿入だけではありません。愛撫、そしてウットリするような会話も快感です。

 

 これらのテクニックを使いながら、さりげなく休むことで早漏を回避することが可能です。

 


 

 早漏の方はセックステクニックの幅を広げましょう。

 

 挿入は時間をかけてゆっくりと行い、序盤はゆっくりとピストン運動を行います。

 

 ピンチになったら、愛撫や会話を駆使しながら快感を与え続け、さりげなく休みましょう。

 

 中盤・終盤に進むにつれて、無理なくピストン運動のペースを上げていけばOKです。

 

 

 ガンガンやられる方が好きな女性もいますが、ゆっくりが嫌な女性はそんなにいません。

 

 早漏(あるいは早漏と思う方)は、「ゆっくりとピストン」と「休憩法」を身に付けて下さい。

 

 そのテクニックがそのまま、女性の快感に繋がるのでまさに一挙両得と言えるでしょう。

セックスのコンプレックス カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法