セックス,回数

  当サイトには性的・わいせつな表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

 

セックス回数に見る日本の性危機

 

   【特集動画】 AV女優がついに開発した膣開発法とは?

 

発表! 世界26カ国、セックス回数 ランキング(2009年度)

 

 1位 ギリシャ 164回 
 2位 ブラジル 145回
 3位 ロシア  143回 (年間の平均セックス回数)
 ・・・
 26位 日本   46回

 

 

 これはコンドームメーカー「デュレックス」発表の統計。

 

 日本は毎度のごとく最下位となっています。

 

 なんとも情けない結果ですね

 

 さらに追い討ちをかけるデータをもうひとつ。

 

 

発表! 世界26カ国、セックス満足度 ランキング(2009年度)

 

 1位 ナイジェリア 67%
 2位 メキシコ    63%
 3位 インド     61%
 ・・・
 26位 日本 15%

 

 

 なぜだ?

 

 セックス回数が低いのはまだしも、満足度が低いというのは結構ショックです。

 

 真面目な話、国力の衰退に繋がりますよ、事実 出生率も下がっているわけですから。

 

 それでは、どうして日本人はセックスの回数も満足度も低いのか、考えてみました。

 

 

日本人のセックス回数、満足度の低さは・・・

 

 厚生労働省の発表によると、

 

 1ヶ月間にセックスをしない夫婦が35%、3組に1組の割合です。

 

 

 若いカップルの間でもセックスレスが増えていることは、

 

 一時期テレビなどでも盛んに報じられた通りです。

 

 

 

 一体どうしてこのようなことが起きているのか思い当たる理由を挙げて見ます。

 

 

 セックスの回数が減ったのは・・・
 

  • 男性の草食化が"本当に"進んでいる
  • アダルトサイトなど性メディアの氾濫により一人で満足
  • 世界有数の風俗大国ゆえに性欲が潜在的に解消されている。
  • そもそもの「恥」「奥ゆかしさ」の国民性ゆえに性のリベレーションが進んでいない

 

 

 この中でも僕が客観的に確実だと言えるのは以下の2点です。

 

 (1)世界有数の風俗大国であること
 (2)アダルトサイトなどの性メディアの氾濫

 

 

 海外に行けばわかりますが、日本は風俗が充分過ぎるほどに整備された国です。

 

 既婚者や彼女持ちでもソープやデリヘルを使っている人がいるのは周知の事実であって、

 

 サービスも多角化していますから潜在的に性欲は解消されていることがほとんどでしょう。

 

 

 また、近年のアダルトサイトやAVの発展は目覚しいものがあります。

 

 ネットに接続すればすぐにアダルト動画にありつけるし、様々なジャンルが用意されています。

 

 日本のアダルト産業は世界にも高く評価されており、Hentaiという言葉を周知させたほど。

 

 

 

 したがって、日本人男性の多くが自分ひとりでも性欲の解消には困らないわけです。

 

 社会全体から見れば、風俗やアダルト動画で、性欲が拡散されているという見方も出来ます。

 

 こういった背景が温床となり、セックス回数が低いのかもしれません。

 

 

 

 

 また、アダルトビデオが教科書になっている現状は否定出来ないでしょう。

 

 日本は性教育について"臭いものにはフタを"という一貫した姿勢であり、

 

 「パートナー大切に」「愛を育む大切なもの」という言葉すら聞いたことがない。

 

 そこにAVが入り込んでくるので、これを手本にしないほうが不自然でしょう。

 

 

 事実、日本人女性のオーガニズム達成率は低く、

 

 某調査機関の「オーガニズムを感じたことがあるか?」

 

 という質問に対して、「ある」が22%と世界最下位でした。

 

 「イッた演技をしている」と答えた女性70%近くだったのでこれはゾッとします。

 

 

 

 

 男性向けサイトなので男性に原因を求めましたが、もちろん女性側にも原因はあるはず。

 

 やはりお互いが譲歩してこそ日本のセックスの未来は明るくなるはず。

 

 

 なんだか、全体にわたって萎えてきそうな話でしたが、我々男性人は何をするべきか?

 

 女性を知り、技術を磨き、たくさんSEXをしましょう!!

 

 すごい偉そうにあれこれ言いましたが、僕が言えるのはこれぐらいです。

 

 ・・・ちなみに、僕は2,3日に1回の割合で彼女としてますよb

セックスコラム カテゴリ一覧


トップページ 膣開発法のレビュー 中でイクための膣開発 絶頂ピストンメソッドのレビュー 早漏を克服する方法